エメラルドのリングを高額買取しました! 長野県のお客様

名前:A様

年齢:60代

所在地:東御市

買取した商品:pt900 エメラルド リング 総重量 8.7g 中石1.50ct 脇石0.60ct




買取した品物のご紹介

今回ご依頼頂きましたアイテムはプラチナでできたエメラルドのリングです。

pt900 エメラルド リング 総重量 8.7g 中石1.50ct 脇石0.60ct


中石に1.50ctのエメラルドを使いその周りを計0.60ctのメレダイヤが彩る華やかなプラチナのリングです。

存在感もありながら主張しすぎない大きさでとても素敵なリングですね。

こちらのリングはお客様が20年ほど前におばさまから譲り受けたものになります。

冠婚葬祭などで1、2度使用はされたようですが、最近はそういった機会も減りほとんど付けることもなくなったためタンスに眠らせておくよりはとお考えになりこの度弊社までお問い合わせをいただきました。


状態

エメラルドを表側から角度を変え細かく見てまいります。

エメラルドは硬度は7.5と硬いほうなのですが、内包物が多く欠けやすい宝石ですのでそういった部分に注意してみてまいります。

pt900 エメラルド リング 総重量 8.7g 中石1.50ct 脇石0.60ct メレダイヤ


上部の写真をご覧頂けると分かる通り、エメラルドの表面には大きな傷や欠け、汚れ等は見当たりません。

裏の地金部分も拝見させていただきました。

pt900 エメラルド リング 総重量 8.7g 中石1.50ct 脇石0.60ct 裏


裏側から見た状態も問題ありませんでした。


査定額

今回の査定額は¥77,000でした。

お客様としてはエメラルドなどの宝石はほとんどお値段がつかないだろうと思われていたようで、予想外の査定額に大変喜んでいただけました。




査定ポイント紹介

四大貴石の一つに数えられるエメラルドですが、その査定ポイントについていくつかご紹介させていただきます。

5月の誕生石としても知られるエメラルドはベリルと呼ばれる鉱石の一つで、澄んだ水色が特徴的なアクアマリンとは親戚のような間柄です。

実はエメラルドはダイヤモンドと違い明確な評価基準というのはございません。

ただし宝石としての稀少価値や美しさを判断するポイントは似ており、具体的には大きさ、色、インクルージョンなどで評価いたします。

まずは大きさですが小さなものから大きなものになるにつれて稀少価値や人気が高くなりますので評価は高くなっていきます。

特に1から5カラット前後のものが人気が高い傾向があります。

次に色ですが色味と色の濃さで評価が決まってまいります。

エメラルドは緑色の宝石の代表としてよく知られていますが、一口に緑色と言っても千差万別です。

評価が高い色味は黄色すぎず、かといって青すぎない鮮やかな緑色なのですが、なかなか文章でお伝えするのは難しいですね。

色の濃さは当然薄いものよりは濃いほうがいいと思われるかと思いますが、これもあまりに宝石が暗く見えてしまうほど濃すぎてしまうと価値は低くなってしまいます。

三つ目にインクルージョン(内包物)ですが、一般的に宝石はインクルージョンが少ないもののほうが良いとされています。

しかしインクルージョンもどの部分にどういった感じでインクルージョンが見えるのかが大切で、宝石の美しさをどの程度損なっている物なのかがポイントとなってまいります。

自然界の産物である宝石にインクルージョンは当然存在するものですからインクルージョンがあるからと言って必ずしも評価が下がるというわけでもないんですね。

他にもキャッツアイ効果やスター効果が現れる珍しいエメラルドは稀少価値が高く高値が付く可能性もあります。

また、鑑別書などをお持ちである場合はご一緒にお持ちいただけると査定がスムーズですし、より正確な査定ができますのでお持ちください。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はエメラルドのリングについて簡単に査定ポイントをご紹介させていただきました。

エメラルドなどの宝石は非常に繊細ですので、多くの買取実績のある経験豊富な鑑定士の在籍する弊社ラフテルまでご相談ください。

多くのお客様のご来店を心よりお待ちしております。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取