象牙のアクセサリーの価値とは?買取の対象?

日本は、古くから象牙は人気があります。そのため、様々な象牙製品が日本にはあるのです。比較的に目にすることがある象牙製品としては、アクセサリーが挙げられます。

 

象牙のアクセサリーは、ネックレスやブローチ、ブレスレットなどがあります。象牙のアクセサリーは、今でも人気があるため価値があります。しかも、ワシントン条約によって象牙を輸入できないため、新しい象牙のアクセサリーを製作するのが難しいです。

 

 

それだけに、象牙のアクセサリーの価値は、とても高くなっているのです。そんな象牙のアクセサリーだけに、買取の対象となっています。本物の象牙アクセサリーなら、高額買取になる可能性があります。

 

そのため、もし必要なくなった象牙のアクセサリーがあるなら、買取に出すのも1つの手段となっているのです。

 

象牙のアクセサリーが高価な理由と取引について

なぜ象牙のアクセサリーは高価なの?

象牙のアクセサリーが高価である理由は、象牙の希少価値によるものです。ワシントン条約によって、海外から象牙を輸入することができません。

 

そのため、象牙を使用したアクセサリーを作るのが難しいのが現状です。その結果、骨董品やアンティークとしての価値が付加されるようになっています。

 

そのため、象牙を使用したアクセサリーは高価となっているのです。

 

象牙のアクセサリーの取引に登録票は必要なの?

象牙の取引と言えば、「登録票が必要」と聞いたことがあるかもしれません。そこで気になるのが、象牙のアクセサリーの売買をする際も、登録票が必要なのかではないでしょうか。

 

実は、象牙製品の中でも、登録票が必要なものと不要なものがあります。その境になるのが、象牙の全形が残っているのかです。象牙の全形が残っている場合、売買には登録票が必要になります。

 

その一方で、全形が残っていない場合には、登録票が必要ありません。アクセサリーに加工された象牙は、基本的に全形が残っていません。

 

そのため、象牙のアクセサリーは、登録票が無くても売買をすることができるのです。

 

象牙のアクセサリーを買取に出すなら実績重視

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

象牙のアクセサリーを買取に出すなら、実績が豊富な業者を利用するべきです。「実績が豊富」=「専門知識や経験が豊富」ということになります。

 

そのため、しっかりと鑑定してくれ、適正な買取価格を提示してくれます。買取実績については、業者のサイトをチェックするのがおすすめです。多くの業者がサイトを利用して、買取実績を記載しています。

 

買取実績から、ある程度の買取価格なども予想できるので、ぜひチェックしてみてください。ちなみに、ラフテルでもサイトで、買取実績は記載しています。

 

象牙のアクセサリーの査定ポイント

象牙買取実績 象牙アクセサリー 数点

本物の象牙を使用しているか

象牙のアクセサリーの査定ポイントは、まず本物の象牙なのかです。象牙は古くから使用されている材料のため、偽物が数多く出回っています。

 

そのため、偽物の象牙を使ったアクセサリーも存在しています。ですから、まずは本物の象牙なのかがポイントとなるのです。

 

使用している象牙の重量

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

査定ポイントは、象牙の重量も挙げられます。これは、アクセサリーだけでなく、象牙製品一般的に言えることです。象牙製品の買取では、使用されている象牙の重量がポイントとなっています。

 

使用されている象牙の重量が重ければ重いほど、買取価格は高くなる傾向があります。象牙の買取では、状態面などもポイントとなりますが、何よりも重量が重要です。

 

もし、査定に出す象牙のアクセサリーが大きく、重量がある場合には、高額査定も期待できます。

 

ヒビや欠けがないか

象牙のアクセサリーの査定ポイントは、日々や欠けなどの状態面も挙げられます。やはり、ヒビや欠けがあれば、マイナス査定になりやすいです。

 

とは言え、象牙は経年劣化するとヒビや欠けが起こりやすいです。そのため、それほどのマイナス査定にはならないので安心してください。それでも、マイナス査定になる可能性があるため、ヒビや欠けが起こる前に査定に出して売却するのがおすすめです。

 

今後使用することがないと思ったのなら、早めに売却することで、マイナス査定を回避できるかもしれません。

 

まとめ

象牙のアクセサリーは、高価で人気があります。ワシントン条約で象牙を輸入することができないため、新しい象牙のアクセサリーを作るのは難しいです。

 

そのため、希少価値が高くなり、骨董品やアンティークとしての価値が高まったことで、象牙のアクセサリーは高価となっています。もちろん、買取の対象となっています。

 

査定ポイントについては、「本物なのか」「象牙の重量」「ヒビや欠け」などが挙げられます。本物で重量があるほど、高額査定になりやすいです。逆に、ヒビや欠けによってマイナス査定になることがあります。

 

象牙は、経年劣化でヒビや欠けが起こりやすいため、使用しないなら早めに売却するのがおすすめです。今後使わないと思っているのなら、早めに査定に出してみてください。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取