中国古銭を高額買取しました! 福島県のお客様

名前: K様

年齢: 70代

所在地:いわき市

買取した商品:光緒元宝

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

今回買取させていただいたのはこちら

中国古銭

 

 

中国古銭の光緒元宝となります。

 

こちら古い中国の古銭となりますが、今現在大変古銭コレクターの方々に人気があるコインとなっております。

 

中国「龍洋」の時代(1890年~1911年)

 

その時代の張之洞という者が銀貨の発行をお願いし、光緒元宝を1890年から発行することになりました。

 

基準となったのは7銭2分の銀貨で、欧米で使われていたドル銀貨と同じ重さになっております。

 

お客様は古銭コレクターだったそうで30年ほど前に買われたそうで、終活ということで今回買取実績のあるラフテルにご依頼いただきました。

 

 

 

状態

裏側

中国古銭2

 

 

経年劣化により、擦り傷やスレなどが目立ちます。

 

時代の流れを感じますが、これだけの時が経っていても文字など読み取れるので、この状態はいいと言えるでしょう。

 

重さ

中国古銭3

 

 

27.0gございます。

 

よくコピー品も出回っておりますが、真贋の際に偽物かの判断につながります。

 

直径

中国古銭4

 

 

39.7mmございます。

 

こちらも真贋の際のポイントに必要となってきます。

 

 

 

査定額

査定額は¥58,000つけさせていただきました。

 

お客様は買った時より高くなったと大変喜ばれておりました。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

今回の査定ポイントは3つございます。

 

まず一つ目は状態です。

 

古いお金の為ほとんどのものが傷や汚れなど綺麗な状態で残っているものはほとんどございません。

 

中にはスレ過ぎてしまって文字すら見えないものや、腐食や変色により見えなくなっているものもございます。

 

そういったものと比べて今回のものは美品といえますので、査定額アップにつながります。

 

次に二つ目は市場です。

 

今現在、光緒元宝はその希少性もあり大変コレクターの方に人気がございます。

 

中国の古銭でも銀貨はかなり需要が高いため、市場では高値で取引されているのが現状です。なので査定額アップにつながります。

 

最後に三つ目は真贋の有無です。

 

中国古銭に限らず日本の銀貨もですが、大変模造品が出回っております。

 

なので中古で販売する際に、日本貨幣商協同組合が発行している貨幣の鑑定書があると査定額アップに繋がってきます。

 

今回のものは鑑定書はついておりませんでした。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は中国古銭の光緒元宝についてご説明させていただきました。

 

ラフテルでは中国古銭以外にも日本や海外の古銭の取り扱いもございます。

 

是非一度専門のスタッフがいるラフテルの無料査定をご利用くださいませ。

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する