脇差しを高額買取しました! 千葉県のお客様

名前:O様

年齢:40代

所在地:佐倉市

買取した商品:日本刀 わきざし 陸奥会津住長善 長さ53.0㎝




買取した商品のご紹介

今回ご依頼頂きましたアイテムは日本刀になります。

日本刀 わきざし 陸奥会津住長善 長さ53.0㎝


実家の片付けの際に出てきたものだそうで、扱いに困っていたそうです。

たまたま近所のスーパーにて弊社の催事を目にし、ご相談頂きました。

日本刀は店舗への持ち込みが不可能な為、後日ご自宅に伺わせて頂きお買取りさせて頂きました。


状態

ご家族の趣味で昔からご自宅にあったものだそうですが、いつしか興味を持つ人も手入れする人もいなくなり長年放置されていたようです。

鞘や柄を全てとり、刃の状態を見ていきます。

日本刀 わきざし 陸奥会津住長善 長さ53.0㎝ その2


一見綺麗そうに見えますが細かな部分を見ていくと、刃の部分に傷が有る事が分かりました。

日本刀 わきざし 陸奥会津住長善 長さ53.0㎝ 刃部分



査定額

¥45.000-

処分に困っていたアイテムだったので値段が付くことに、とても驚かれていたのと同時に金額に大変満足していただけました。




査定ポイント紹介

刀を査定するうえで価値を左右するものがあります。

まずは刃の状態です。

今回ご依頼頂きましたわきさしは長年お手入れをしなくなってしまっていた事から、刃の表面部分に傷や錆が出てしまっています。

日本刀 わきざし 陸奥会津住長善 長さ53.0㎝


刀の刃は鉄でできている為湿気に弱く、また素手で触ってしまった場合も手の油分が付着し錆の原因となってしまいます。

一度錆びてしまった刃は研磨して落とすか、最悪の場合は刀を研いでくれる専門の業者に依頼するしかなくなってしまいます。

あまりにもひどい錆びの場合は鞘にも錆が増殖している場合があり、鞘の作り直しが必要となる場合もあります。

こうなってしまうと莫大なメンテナンス料金がかかってしまう為、査定の時にマイナス点として減額になってしまいます。

また刀には銘というものがあります。

銘とは刀の作者が自分の名前や制作年を刀の柄の部分に彫金することです。

分かりやすく言うと柄を取った刀に作者の名前、または制作年が彫金してある刀を銘のある刀と言います。

今回ご依頼頂いた刀にもしっかりと銘が彫金してありました。

日本刀5


銘の有無でも価格の差がでます。

最後に最も重要なのが登録証の有無になります。

登録証とは刀の所持や売買を許可されている事を証明する大切な書類になります。

日本刀 わきざし 陸奥会津住長善 長さ53.0㎝ 登録証


この登録証が無い場合はお買取りが不可となります。

今回ご依頼頂いた刀の登録証になります。

この登録証には銘の有無や長さ、日本刀の種類が記載されています。

日本刀は長さによって太刀、刀、脇差、短刀の4種類に分けられます。

今回のご依頼品は刀の長さが53.0㎝と記載があり、刀は60.6㎝以上、短刀は30.3㎝以内と決っているので、刀と短刀の中間の脇指(30.3㎝以上、60.6㎝以下)に分類されます。

では登録証が見当たらない場合はどうしたらいいのでしょうか。

登録証が無いまま所持をしてしまうと処罰の対象となってしまう為、速やかに警察署の生活安全課にご連絡してください。

警察署の方で処分や再登録が可能です。

もし登録証が無いが刀を売却したい場合は一度刀を再登録し、登録証が完成してから売却といった流れになります。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

昨今、コロナウィルスの影響で外出を控え、大掃除をしている方が多いように感じます。

もしご自宅から刀や鍔が出てきた場合、弊社にご相談ください。

扱いに困っていた物が意外な価格にて売却できるかもしれません。

皆様からのご相談をお待ちしております。





桃園美術より転用

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する