象牙 一本牙 高価買取しました。 福島県のお客様

こんにちわ、ラフテル 鑑定士の門です

 

ラフテルでは金製品・プラチナ製品を始め切手、ブランド品、刀、骨董品など様々な品の高額査定で買い取りしていす。
自宅でご不要になった物、整理したい物などこの際にはぜひ当社をご利用くださいませ。

 

ご家族の不用品、親戚、身内からの頂き物等のご不用品で、価値が分からず安易に処分した方もいらっしゃると思います。

 

そのような品々自宅に眠っていて気になる物がありましたら当社は、査定無料ですのでまずはお気軽に査定だけでもご依頼下さいませ。

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

本日はお客様のご自宅に長い間、代々受け継がれ以前は床の間に飾ってあった象牙の買取をさせて頂いた内容についてお話したいとおもいます。

 

 

本早速ですが、しっかりみてみますと、すらっと細長く、綺麗に磨かれた美しい象牙でした。

 

 

 

登録票の必要性

登録票は、必ず必要です。今回は、取得されていました。

 

 

1989年以前はワシントン条約が制定されていませんので以前に購入された方は御存じない方も多くいらっしゃいます。

 

その後に象牙の原型留めたものには「国際希少野生動植物種登録票}が現在は必要です。

 

(ワシントン条約により象牙が輸入禁止になった1989年以前に国内にあった象牙であれば登録できます)

 

今回の象牙は登録してありましたので大丈夫です。

 

長さは68.6センチの長さです。象牙の価格は長さと重さと状態のよし悪しで査定額がほぼ決まることが多いす。

 

 

 

 

 

査定ポイント

象牙が本物か偽物か見分けるポイントに拡大した写真を見てみると象牙特有の縞模様が見えます。

 

象牙が本物か偽物か見分けるのにも重要な大きなポイントになります。

 

中には人工的に作られた練り製品多く出まわっていますでこのよううな自然な縞はありません。

 

 

さらに、先端の部分を見てみますと割れ目が多くみられます。

 

象牙は自然のものなので保管状態によっては割れや多く黄ばみがでたりして状態が悪い象牙も多々見受けられます。

 

 

次に中を見てみますと・・・

 

 

象牙は牙が進化したものですので、中が空洞になっています。

 

全体の形状に対し歯肉の部分三分一が必ず空洞になっています。

 

中には重量重くすために石膏の粉末を利用して流し込んだり、鉛を詰め込んで作った物はきちんと蓋してあるもの多くあります。

 

実際に実物を見ますと縞模様等も不自然ですので注意が必要です。

 

 

 

 

 

ラフテルでの買取

その昔、祖父が買われた象牙でした。査定の結果は三万六千で買い取りで大変喜んで頂きました。

 

他社の査定では一万~一万五千位が市場動向です。

 

現在象牙はワシントン条約によってますます希少性が高まってきておりその価値は上がってきております。

 

そうしまして、象牙自体有機物になりますので自然風化します。

 

気にされています方は、全国無料の出張査定高価買い取りの実績のある当社への御用命を社員一同お待ちしています

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取