珊瑚トップの買取実績と宝飾用珊瑚の特徴について紹介!

珊瑚トップも買取の対象となっています。珊瑚トップの買取実績を参考にすることで、珊瑚買取について、イメージを掴みやすいはずです。

 

そこで今回は、珊瑚トップの買取実績を紹介していきます。

 

また、珊瑚を買取に出す場合、ある程度の知識を持っているべきです。知識がない状態だと、悪徳業者に査定依頼してしまった場合、騙されて安い価格で手放してしまう可能性があります。

 

そこで、珊瑚トップの買取実績に加えて、宝飾用珊瑚について紹介するので、珊瑚の知識も身に付けてください。

 

珊瑚トップ9.8mm×12.1mmの買取価格は30,000円!

珊瑚買取実績 赤珊瑚 K18ペンダント

珊瑚トップ情報について

まずは、買取に出された珊瑚トップの情報を紹介します。

ーーー

珊瑚(サンゴ)トップ

サイズ 9.8mm×12.1mm

Pt900 3.7

D 0.04ct

買取価格 30,000

ーーー

 

珊瑚トップを買取に出した理由!

珊瑚買取実績 赤珊瑚ペンダント K14

依頼主様にこの珊瑚トップを買取に出した理由を伺ったところ、「ずっとタンスの中にしまってあって、これからも使うことがないから(買取に)出してみた」とおっしゃっていました。

 

最初は捨ててしまおうと思ったとのことですが、「珊瑚なら売れるかも」と思ったともおっしゃっていました。

 

珊瑚の買取は、貴金属・宝石買取(金・プラチナ・ダイヤモンドなど)に比べてマイナーです。

 

そのため、本物の珊瑚であっても、買取に出さないで処分してしまわれる方がいます。

 

しかし、それはとてももったいないです。実は、本物の珊瑚なら買取の対象となっており、想像以上の買取価格になることもあります。

 

ですから、使わなくなった珊瑚があるのなら、まずは査定に出してみるべきです。

 

珊瑚トップの査定ではどこに注目するの?

赤珊瑚 数珠 価格

珊瑚トップの査定では、注目されるポイントは大きく分けて「色」「サイズ・カット」「付属する貴金属」です。

 

もちろん、前提条件として本物であることも加わります。本物の珊瑚で、主に上記の3つのポイントが注目され、査定されるのです。

 

珊瑚は、色によって血赤珊瑚・赤珊瑚・桃色珊瑚・白珊瑚に分類できます。血赤珊瑚は価値が高く、高額になりやすい傾向があります。

 

その一方で、白珊瑚はあまり価値がなく、高額査定は期待できません。色に加えて、珊瑚の状態もポイントとなっています。

 

珊瑚のサイズは、大きいほど高額になりやすいです。ただし、サイズだけでなく、カットもポイントになるので注意してください。

 

真ん丸のボール型のカットは、価値が高いです。他にもカボションカットやドロップカットなども高く評価されます。

 

また、珊瑚トップとなると付属する貴金属もポイントです。珊瑚トップは、金やプラチナなどが付属されているケースが多々あります。

 

それらも買取査定では、プラス査定になるのです。

 

今回の珊瑚トップの査定結果!

珊瑚ネックレス

今回依頼があった珊瑚トップの査定では、血赤珊瑚として査定しています。サイズ的にはそれほど大きくはないですが、カボションカットなので高評価となっています。

 

また、プラチナ(Pt900)が3.7gとダイヤモンド(D)が0.04ctが付属されており、それらも査定に加えて30,000円の買取価格となったのです。

 

依頼主様には、珊瑚の状態や相場などについてお話させていただき、査定額の根拠も説明しています。

 

その上で、納得していただけましたので、買取とさせていただきました。

 

宝飾用珊瑚について紹介!

珊瑚 ネックレス

そもそも宝飾用珊瑚とは?

珊瑚と聞くと「珊瑚礁」を思い浮かべる方が多いと思います。実は、珊瑚礁と宝飾用珊瑚は別物です。

 

珊瑚礁は「六放珊瑚」という種類であり、宝飾用珊瑚は「八放珊瑚」という種類なのです。

 

また、八放珊瑚は深海に生息しており、浅いエリアで見られるのは六放珊瑚です。

 

そのため、宝飾用珊瑚と珊瑚礁は別物なので注意してください。

 

宝飾用珊瑚が高値で取引されている理由とは?

珊瑚買取

宝飾用珊瑚が高値で取引される理由は、まず深海に生息しているからです。深海に生息しているため、採取するのが難しいです。

 

そのため、価値が高くなり、高値で取引されています。

 

さらに、宝飾用珊瑚は成長するまでに100年以上も必要とされています。ですから、一度採取してしまえば、なかなか原木を育てるのが難しいです。

 

その結果、希少価値がとても高くなり、宝飾用珊瑚は高値で取引されているのです。宝飾用珊瑚の採取量は、年々減少しているため、今後も価値は高まっていくかもしれません。

 

まとめ

今回は、珊瑚トップの買取実績とともに、宝飾用珊瑚について紹介してきました。

 

珊瑚トップの買取査定では、「色」「サイズ・カット」「付属する貴金属」がポイントになることを覚えておきましょう。

 

また、宝飾用珊瑚は、珊瑚礁とは別物です。宝飾用珊瑚は、深海に生息しており、採取するのが難しいです。

 

しかも、成長するまで100年以上も必要であり、原木を育てるのが大変です。

 

そのため、珊瑚は高値で取引されています。今後も価値は高まる可能性があるので、高額買取にも期待できるのです。
合わせて珊瑚買取に関する基本情報もご確認ください

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取