象牙買取 栃木県のお客様 2115

2課 5通目 画像

皆様、こんにちは!!

突然ですが、象牙の一本牙をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

今回、出張査定で買い取りさせていただいたのは、象牙一本牙の14kgの原木でした。

購入されて40年程経過しており、古くなってしまった事と、自宅のリフォームを されるので、置く場所も考えなければならないと言われ、金額によっては売却を希望 されているお客様でした。

早速状態を見させてもらったのですが、かなり劣化が進んでおり、傷やシミも見られました。

しかしながら、象牙の一本牙においては、高額査定が得意な弊社です。

お客様に買い取り金額を提示したところ、“古くてもこんな金額がでるの?”と、ご納得の 買い取りとなりました。

皆様、特に象牙の一本牙は年月がたってしまうと、小さなキズでもひび割れなどが進行し、劣化が ひどくなってしまうのです。

そうなると後で売却しようとしても値段が高くつきません。

1989年に国際条約で象牙の取引が禁止されました。

つまり、いま日本国内にある象牙はそれ以前に輸入されたもの,生体からはずされて、20年以上経っています。

お手元に象牙をお持ちの方は、ご自身で活用されるご予定がなければ経年劣化が進まないうちに、早めのご売却をお勧めいたします。

その時は、まずは高価買取の実績がある、ラフテルにご連絡ください。 お待ちしております!

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する