カルティエの時計はどうすれば美品を保つことができる?

買取した商品のご紹介

今回、お客様より買取査定させていただきましたお品物は「バロン ドゥ ブルー カルティエウォッチ」になります。

カルティエ 時計

 

 

全体的に使用感も少なく、大変綺麗な状態でのお持込みになりました。

カルティエ 時計2

 

 

弊社ラフテルにお持込みの経緯をお客様にお聞きしましたところ、元々プレゼントとして時計を頂き、長年愛用していたものの趣味嗜好が変わり、今回のお持込みとなりました。

 

カルティエの時計と言えば、世界中の女性を虜にするほどの人気と、ブランド力をも兼ね備えた時計メーカーと言えるでしょう。

 

また、時計と共に「ジュエリー」もまた同様のことが言えるのではないでしょうか。

 

元々、1847年にフランス・パリでの創業をきっかけに王族御用達として名を馳せてきたカルティエ。

 

「ジュエリー」・「ライター」・「結婚・婚約指輪」・「レザー商品」等々、クリエイティブな発想を商品に変え、愛用者を増やしていったカルティエのブランド力は世界が認めていることでしょう。

 

 

 

状態

お客様よりお聞きしましたところ、元々はプレゼントとして頂いたお品物になり、お客様ご自身も気に入られ、長年愛用されていたのですが趣味嗜好が変わり、今回のお持込みとなりました。

カルティエ 時計3

 

 

長年愛用されていたとは感じさせないくらい、本体の状態は良いお品物になります。

 

お客様にお聞きしましたところ、機械式の時計を初めて手にした事もあり、オーバーホールはもちろんのこと、ベルトや全体的な汚れ等々のメンテナンスは日々行っていたとのこと。

カルティエ 時計4

 

 

カルティエの時計を綺麗に保つには、時計に対する愛情が大きく関わってくるのではないでしょうか。

 

 

 

査定額

今回、弊社ラフテルでは「730,000円」の買取査定額をださせていただきました。

 

買取査定金額にはお客様も大変満足されており、大変気持ちの良いお取引が出来たのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

査定ポイント紹介

元々はプレゼントとして頂き、長年お客様により愛用されたお品物としてお持ち込まれたカルティエの時計。

 

時計を頂いたときから、初めて手にする機械式の時計であった為、お客様ご自身でのメンテナンス(オーバーホールや、ベルト交換等々)は行っていた事もあり、カルティエの時計は綺麗な状態を保たれておりました。

カルティエ 時計5

 

 

カルティエには、クオーツ式とオートマ式があると思います。

 

時計のケース内の構造は違っても綺麗に保つ方法はメンテナンスを怠らない事や、時計に愛情を持って使用する事ではないかと感じます。

 

今回のお客様の場合、その様な条件が合い、買取金額も大幅に上げさせていただきました。

 

 

 

 

 

まとめ

カルティエの時計を綺麗に保つには、日々のメンテナンス(オーバーホール等々)を怠らないことが第一に言えるのではないでしょうか。

 

お値段だけでも知りたいお品物等々、今現在使用されていないお品物がありましたらどんなお品物でも弊社ラフテルでは買取査定致します。

 

全国のお客さまからのご連絡、弊社一同心よりお待ち申しております。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する