中国切手の小型シートを高額買取しました! 東京都のお客様

名前:N様

年齢:70代

所在地:荒川区

買取した商品:中国切手(1956年・中国古代科学者小型シート)




買取した商品のご紹介

今回買い取りさせていただきましたのは、中国古代科学者4種シートの中国切手となります。


中国切手は近年の中国での切手ブームによる影響でコレクターも増え査定金額も上昇傾向にあります。

1966年~1977年に起こった文化大革命時には切手の収集と国外への輸出が禁止され、古い切手の処分が義務付けられたため1977年以前の中国切手は特に高額になります。

今回のお品物は1956年に発行された1枚シートの記念切手となります。

全4種全てシートで残っています。

N様も集めたことを忘れられていたみたいで、近年の中国切手の高騰を聞き、お持ち込みされました。


状態

長年保管されていたものなので、多少の傷みはありますがかなりの美品です。


裏糊もしっかり残っています。


四隅の目立った折れや曲りもありません。



査定額

今回の査定金額は「14,000円」となります。

現代の日本円ですと額面4,8円なので約3000倍の価値となっています。




査定ポイント紹介

中国切手などのプレミア切手の査定ポイントはいくつかあります。

まず、裏糊が残っているかです。

裏糊は年数や保存状態により徐々に剥げていってしまいます。

しっかりと残っているほど状態が良いとされ査定金額も上がります。

次に、使用済みかどうかです、

プレミア切手の場合、使用済みでもコレクターがいるので金額はつきますが、未使用状態の方が高額になります。

最後に表面の状態です。

シミ等の汚れやヨレ、折れ、擦れ、破れなどが少ないものが高額になります。

年数によって劣化してしまうのはしかたがないのですがプレミア切手の場合、状態の優劣による金額の差がとても大きくなってしまうので保管の際には気を付けてください。

このように、中国切手などのプレミア切手は保存状態がとても大事になります。

古ければ古いほど高くなりやすい傾向にあるので扱いとしては骨董品に似ています。

査定の際は一点一点しっかりと見させて頂きますので多少お時間がかかってしまう場合がありますのでご容赦ください。




まとめ

現在、中国切手はブームの影響で高騰しています。

当社ラフテルでも専門の査定員がおりますので他者に負けない高額査定を行っております。

ご自宅の押し入れなどにしまったままになっている古い切手などございましたら是非お問い合わせをお願いいたします。

中国切手だけでなく古い日本切手や現行の切手も取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

ラフテルでは宅配買取など非対面でスムーズにお取引できる対策をとっております。

皆様もそうぞお気軽に、当社までお問い合わせくださいませ。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する