日本刀を高額買取しました! 茨城県のお客様

名前:H様

年齢:60代

所在地:水戸市

買取した商品:日本刀(約70cm)




買取した商品のご紹介

今回買い取らせていただいたのは2尺3寸1分(約70cm)の日本刀になります。

日本刀


H様は親からいただいたとのことで、大事にされていたらしいのですが子供たちもいらないとのことで研ぎの費用などのランニングコストも面倒になって来たとのことでご売却を検討されたとのことでした。

確かに、日本刀は美術品なので定期的なお手入れを欠かしてしまうと劣化していきます。

また、研ぎ作業は専門的な技術が必要なので専門家に頼む必要がありますので費用もかかってしまいます。

劣化させてしまうには惜しいお品物なので私達もお客様に満足していただく査定額を出したいと思い頑張りました。


状態

定期的にお手入れされていたとのことでしたので致命傷はありませんでした。

日本刀2


白鞘と本拵もセットでした。

日本刀3



査定額

今回の査定額は「120,000円」となります。

H様も思っていた以上に高額だったようで喜んでおられました。




査定ポイント紹介

日本刀の査定ポイントはいくつかあります。

まずは「長さ」です。

日本刀は大まかに分けて3種類あります。

60cm以上の「太刀」、30cm以上60cm未満の「脇差」、30cm未満の「短刀」です。

「太刀」>「短刀」>「脇差」の順で評価は高くなります。

今回のお品物は約70cmの太刀となりますので評価は一番高いお品物になります。

次に「時代」です。

日本刀は時代により「上古刀」「古刀」「新刀」「新々刀」「現代刀」と種類が変わります。

古い時代のお品物の方が価値は上がる傾向にあります。

今回のお品物は「延宝」の時代に作られたお品物で「新刀」にあたります。

評価としては多少のプラス評価としています。

最後に「状態」です。

日本刀は時代が経つものほど基本的に傷はあります。

その中でも致命傷といわれる「刃切れ」や「烏口」などがあると査定額は大変下がります。

傷の種類は細かく出すと40以上あると言われますが上記の致命傷と言われる傷や「しなえ」と言われるシワのような傷など日本刀の美術的景観を損なう傷がなければそこまでのマイナス査定にはなりません。

今回のお品物は細かな傷はありますが致命傷は見当たらなかったためそこまでのマイナス査定はされていません。

細かく上げるとまだ査定ポイントはあるのですが今回のお品物は大きく分けてこれらのポイントを総合的に判断して評価しています。




まとめ

当社ラフテルでは日本刀などの美術品の買取を強化しております。

専門の鑑定士がしっかりと査定致しますので研ぎの費用などランニングコストが気になる方や、親から受け継いだが飾らずにずっとしまっている物などございましたらこの機会に是非ご相談ください。

当社では宅配買取など非対面でスムーズにお取引ができるよう対策をとっております。

お客様一人一人を大切にお取引したいと考えておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。





桃園美術より転用

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する