ニッカウヰスキー 竹鶴

お酒買取|御徒町No.1の高額査 ウィスキーで有名な竹鶴!お酒の紹介や査定ポイントを伝授します! - 買取のラフテル

お酒の買取は御徒町ナンバーワンの高額査定の買取のラフテルへお任せ下さい。

竹鶴というお酒をご存知ですか?山崎や白州に並ぶ有名なウィスキーです。

買取のラフテルではお酒も妥当以上の価格で買取を行っています。

お酒を売るなら是非買取のラフテルへお問い合わせ下さいませ。




竹鶴とはどのようなお酒?

竹鶴とは、日本のウイスキーの一種です。

世界的にも有名な銘柄のひとつであり、多くの人に愛されています。

竹鶴は、山崎蒸溜所の創業者である白州勝峯が手がけたウイスキーで、1929年に誕生しました。

日本の気候風土に合わせて作られたウイスキーであり、原料の麦芽、水、蒸溜器具、樽など、すべてにおいて日本産のものを使用しています。

そのため、他のウイスキーとは異なる、独特の風味や香りを持っています。

竹鶴は、スムーズで上品な味わいが特徴的で、バニラやカラメルなどの甘い香りと、フルーティーで芳醇な味わいが楽しめます。

また、長期間熟成させた竹鶴の上位銘柄は、より深い味わいやコクがあるとされています。


竹鶴の歴史について

竹鶴は、日本のウイスキー産業の父と呼ばれる竹鶴政孝(たけづるまさたか)氏が、1950年代にスコッチウイスキーの製造方法を学ぶために渡英し、1960年にニッカウヰスキーが発売した日本初のスコッチタイプのウイスキーです。

竹鶴政孝氏は、当時のサントリー社長であった鳥井信治郎氏から「日本のウイスキー造りを指導してほしい」との依頼を受け、スコットランドのウイスキー蒸留所を訪れ、製造方法を学んだそうです。

その経験を元に、日本の気候や水質に合わせて改良を加えたウイスキーを作り出し、竹鶴という銘柄が誕生しました。

初期の竹鶴は、スコッチウイスキーと同様にピートを使用していましたが、後に竹鶴政孝氏の提案により、日本独自の製法である「麦芽をピート火で燻すことなく、不純物を取り除いた水を使用する」ことにより、ピートの香りを抑えた芳醇な味わいが特徴となりました。

現在では、竹鶴はニッカウヰスキーの中でも最高級の銘柄の一つとして、国内外で高い評価を受けています。

竹鶴の味や風味について

竹鶴はシェリー樽塾生の余市蒸留所の厳守とリメード樽塾生の宮城峡蒸留所の原酒を使っており、スムーズで上品な味わいが特徴的となっています。

更にバニラやカラメルなどの甘い香りとフルーティーで芳醇な味わいを楽しむことができる日本代表のウィスキーとなっています。

オススメの飲み方は「ストレート」です。

紹介した味や風味を楽しむにはストレートが一番良いとされています。

竹鶴の種類はいくつある?

竹鶴には種類がいくつか存在しています。

この種類とは熟成度の違いによって竹鶴〇〇年のようにどれだけ塾生をしたかで種類分けされています。

熟成度が変わることによって味や風味が変化することと同時に、価値も変化してくるのです。

それでは、それぞれの種類とどのような違いがあるのかをご紹介していきます。


竹鶴 ピュアモルト

竹鶴のピュアモルトとは、100%モルト原酒だけを使用して作られた竹鶴のシングルモルトウイスキーのことを指します。

ピュアモルトとは、スコットランドのシングルモルトに相当する用語で、日本のウイスキーでは竹鶴が最初に使用した表現です。

竹鶴のピュアモルトは、麦芽をピート火で燻すことなく、不純物を取り除いた水を使用することで、ピートの香りを抑え、芳醇な香りと滑らかな口当たりが特徴です。

また、樽熟成にもこだわり、様々な種類の樽を用いて熟成を行うことで、豊かな味わいと深みを生み出しています。

竹鶴のピュアモルトは、一般的な竹鶴よりも高価であり、より深い味わいを求めるウイスキー愛好家やコレクターから高い支持を受けています。

竹鶴 12年

竹鶴 12年は、日本のウイスキーの銘柄の一つで、ニッカウヰスキーが製造・販売している竹鶴シリーズの中でも比較的スタンダードなラインナップに位置する製品です。

竹鶴 12年は、名前の通り、樽熟成期間が12年間のピュアモルト・ウイスキーです。

麦芽の風味を生かし、オーク樽で熟成させることにより、バニラやスパイスの風味が加わり、複雑な味わいが楽しめます。

また、竹鶴の伝統的な製法であるピートを使用しない方法により、比較的穏やかな味わいが特徴的です。

竹鶴 12年は、竹鶴シリーズの中でも比較的手頃な価格帯であり、入手しやすく、幅広い層のウイスキー愛好家に愛されています。

BARなどにも置いてあることが多いので飲んでみたいという方でも比較的簡単に試すことができるでしょう。

竹鶴 17年

竹鶴 17年は、日本のウイスキーの銘柄の一つで、ニッカウヰスキーが製造・販売している竹鶴シリーズの中でも高級なラインナップに位置する製品です。

竹鶴 17年は、名前の通り、樽熟成期間が17年間のピュアモルト・ウイスキーです。

樽の中で長期間熟成することにより、竹鶴 12年に比べてより深みのある味わいが楽しめます。

また、使用する原材料や製法にもこだわっており、豊かな香りと滑らかな口当たりが特徴的です。

竹鶴 17年は、高級ウイスキーとして知られており、希少性が高く、比較的高価な価格帯で販売されています。

ウイスキー愛好家やコレクターから高い評価を受けており、竹鶴シリーズの中でも特に上質な味わいを楽しめる製品とされています。

何か特別な日に竹鶴17年を飲むという方が多い竹鶴の種類となっています。

竹鶴 21年

竹鶴 21年は、日本のウイスキーの銘柄の一つで、ニッカウヰスキーが製造・販売している竹鶴シリーズの中でも最高級なラインナップに位置する製品です。

竹鶴 21年は、名前の通り、樽熟成期間が21年間のピュアモルト・ウイスキーです。

樽の中で長期間熟成することにより、より深い味わいが楽しめます。

また、使用する原材料や製法にもこだわっており、特に上質な原材料を選定し、長期間の熟成によって磨き上げられた芳醇な香りと複雑な味わいが特徴的です。

竹鶴 21年は、非常に高級なウイスキーとして知られており、限定生産であるため、非常に希少価値が高く、高価な価格帯で販売されています。

ウイスキー愛好家やコレクターから高い評価を受けており、竹鶴シリーズの中でも最高峰の味わいを楽しめる製品とされています。

ウィスキーをこよなく愛す人やコレクターの方々に人気のある竹鶴ということです。

竹鶴 25年

竹鶴 25年は、日本のウイスキーの銘柄の一つで、ニッカウヰスキーが製造・販売している竹鶴シリーズの中でも最高級なラインナップに位置する製品です。

竹鶴 25年は、名前の通り、樽熟成期間が25年間のピュアモルト・ウイスキーです。

樽の中で非常に長期間熟成することにより、深い味わいと複雑な香りが楽しめます。

竹鶴 21年よりもさらに上質な原材料を使用し、より長期間の熟成によって磨き上げられた上品な風味と滑らかな口当たりが特徴的です。

竹鶴 25年は、極めて高級なウイスキーとして知られており、非常に限られた数量しか生産されていないため、非常に希少価値が高く、非常に高価な価格帯で販売されています。

ウイスキー愛好家やコレクターから高い評価を受けており、竹鶴シリーズの中でも最高峰の味わいを楽しめる製品とされています。

まさに幻とも言える高級な竹鶴ということです。

竹鶴のそれぞれの買取相場一覧

竹鶴には様々な種類があることを紹介しました。

それでは、その種類ごとにどれだけの買取相場の差があるのでしょうか。

数万円でも大きな違いとなるので、お客様のお持ちの竹鶴がどれほどの価値があるのかを予め知っておくと良いでしょう。

査定をお願いする際に、ある程度の目安となるので知識を蓄えましょう。

それでは、ご紹介していきます。


竹鶴 ピュアモルト

竹鶴のピュアモルトには「旧黒ラベル」と「白新ラベル」が存在しています。

今現在一般的に流通しているのは名の通り「白新ラベル」です。


白新ラベルの買取相場は5,000円前後となっております。

流通が多いため、何万円という価値は付きにくくなっているのが現状です。

「旧黒ラベル」は白新ラベルに比べて流通が少ないため、その分付加価値が付き6,000円前後の買取相場となっております。


竹鶴 12年

竹鶴12年はいくつか種類があります。

種類ごとに見た目や内容量、価値が変化します。

  • 竹鶴 12年 ピュアモルト 660ml

竹鶴12年の最も主流なものとなります。


こちらは13,000円前後が買取相場となっております。

  • 竹鶴 12年 ピュアモルト 660ml 角瓶

竹鶴12年の角瓶のものとなります。


こちらも18,500円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 12年 ピュアモルト 700ml

竹鶴12年の少し内容量が多いものとなります。


こちらも5,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 12年 シェリーウッドフィニッシュ

竹鶴12年の流通量が少ないものとなります。


こちらの相場は日々変化するのでお問い合わせ時の相場となります。

お気軽にお問い合わせ下さい。


竹鶴 17年

竹鶴17年はいくつか種類があります。

種類や付属品ごとに見た目や内容量、価値が変化します。

  • 竹鶴 17年 ピュアモルト 箱無し

竹鶴17年の共箱がないものとなります。


こちらは23,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 17年 ピュアモルト 箱有り

竹鶴17年の共箱があるものとなります。


こちらは26,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 17年 ピュアモルト 旧ラベル

竹鶴17年の旧ラベルという古いものとなります。


こちらは22,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 17年 ピュアモルト 角瓶

竹鶴17年の角瓶のものとなります。


こちらは33,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 17年 ピュアモルト WWA 受賞記念ラベル

竹鶴17年のWWA受賞記念ラベルが使用されたものとなります。


こちらは35,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 17年 ノンチルフィルタード

竹鶴17年のノンチルフィルタードのものとなります。


ノンチルフィルタードとはウイスキー壜詰め後のにごりや澱の発生を防ぐために行う、「冷却ろ過」の工程をあえて行わずに瓶詰めする製法のことを指しています。

こちらは60,000円前後の買取相場となっております。


竹鶴 21年

竹鶴17年はいくつか種類があります。

種類や付属品ごとに見た目や内容量、価値が変化します。

  • 竹鶴 21年 ピュアモルト 箱無し

竹鶴21年の共箱無しのものとなります。


こちらの相場は日々変化するのでお問い合わせ時の相場となります。

  • 竹鶴 21年 ピュアモルト 箱有り

竹鶴21年の共箱有りのものとなります。


こちらは50,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 21年 ピュアモルト 旧ラベル

竹鶴21年の旧ラベルの古いものとなります。


こちらは12,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 21年 ピュアモルト 角瓶

竹鶴21年の角瓶のものとなります。


こちらは72,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 21年 ピュアモルト WWA 受賞記念ラベル

竹鶴21年のWWA受賞記念ラベルが使用されたものとなります。


こちらは60,000円前後の買取相場なっております。

  • 竹鶴 21年 ノンチルフィルタード

竹鶴21年のノンチルフィルタードのものとなります。


ノンチルフィルタードとはウイスキー壜詰め後のにごりや澱の発生を防ぐために行う、「冷却ろ過」の工程をあえて行わずに瓶詰めする製法のことを指しています。

こちらは70,000円前後の買取相場となっております。

  • 竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュ

竹鶴の21年マディラウッドフィニッシュというものになります。


マディラウッドフィニッシュはニッカウィスキーの80周年を記念して限定として欧州市場向けに発売されたものです。

こちらの相場は日々変化するのでお問い合わせ時の相場となります。

お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュ

竹鶴の21年ポートウッドフィニッシュというものとなります。


ポートウッドフィニッシュはニッカウィスキーの80周年を記念して限定として発売されたものです。

こちらの相場は日々変化するのでお問い合わせ時の相場となります。

お気軽にお問い合わせ下さい。


竹鶴 25年

  • 竹鶴 25年 ピュアモルト

竹鶴の25年のものとなります。

25年は種類が一つしか無く、とても貴重な種類です。

こちらは200,000円前後の買取相場となっております。




竹鶴が高額買取になる理由

では、なぜ竹鶴はここまで高く売ることができるのでしょうか?

どのウィスキーでも高くなるわけではありません。

それでは、竹鶴が高く売ることができる理由についてご紹介していきます。


国産ウィスキーの評価上昇

2000年代に入り、WWA(ワールド・ウィスキー・アワード)やISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)などの国際的なウィスキーのコンペティションで竹鶴を含めた国産ウィスキーが受賞をするようになりました。

その結果、国産ウィスキーの需要が海外で高まり価格・価値が上昇しています。

日本のBARなどで海外のお客様がウィスキーを飲んでいるのを見たことがありますか?

そのように日々日常の中でも海外での国産ウィスキーの需要を確認することができます。

人気が原因での品薄状態

「竹鶴」という名前はニッカウィスキーの創始者である竹鶴政孝さんから取られたものです。

この竹鶴政孝さんは2014年から2015年にかけて放映されたNHKのテレビ小説である「マッサン」のモデルとなりました。

この放映でも竹鶴をはじめに、他のニッカウィスキーの人気も高まっていったのです。

原酒不足

今現在流通している熟成ウィスキーの多くは1990年代に仕込まれたものが多くなっています。

1990年代はウィスキーがそこまで人気が無く、生産量が抑えられていた時期でもあります。

しかし、海外でのウィスキーの人気や日本でのハイボールブームなどの影響によってウィスキーの需要が1990年代寄りも増えているということで原酒が不足しているのです。

需要と供給の関係が成り立たないことから価値が高まっているということです。

竹鶴を高く売却するためのポイント

竹鶴を高く売却するために気を付けておきたいポイントが多数ございます。

同じ商品でも状態によって査定額が変化します。

そのため、高く売却するためにいかにお客様自身が気を付けてお酒を取り扱うかが大切となります。

それでは、竹鶴の買取価格を高くするポイントをご紹介していきます。


保存状態を良くする

お酒の買取において、一番大切とも言える保存状態です。

いくら価値のあるお酒でも保存状態が悪いということによってお酒の価値を下げてしまうことがあります。

竹鶴も価値のあるウィスキーですので、価値を下げないためにも保存状態を良くすることが大切です。

無暗に触ったりすることでラベルにキズがついてしまう場合や、最悪の場合落として割ってしまうということもあります。

ですので、必要以外なるべく触らずに環境の良い場所で保存することを強くオススメします。

付属品も全て残しておく

多くのお客様がしてしまうミスは「お酒は本体に価値がつくから付属品は邪魔だから捨てる」ということです。

これはお酒には限りませんが、売却するにあたって付属品は査定に大きな影響を及ぼします。

例えですが、同じ「A商品」があった場合付属品有りと無しの場合では数万円の査定額の差が生まれることがあります。

弊社のような買取業者は買取したものを更に売却するので付属品があるに越したことは無いのです。

共箱さえあれば大丈夫ということではなく、購入当時の全てが揃っていることが最高査定を引き出すポイントとなります。

ですので、邪魔かもしれませんが付属品は全て残して綺麗に保管しておくようにしましょう。

直射日光が当たらないようにする

お酒は直射日光が苦手な商品です。

そのため、窓際などの直射日光が当たる場所にお酒を保管することはオススメできません。

お酒の中身に影響が出てしまうほか、ラベルが日焼けしてしまうことやコルクが劣化してしまうなど様々な要因がありますのでお気をつけ下さい。

直射日光の当たらない暗い場所に保管をしておくというのを心掛けると良いでしょう。

まとめて買取に出す

竹鶴以外にも不要なお酒など、その他査定をして欲しいものがある場合は、まとめて査定に出すことをオススメします。

理由は単純で、まとめて査定に出してしまうことでコストを下げることができます。

例えば2回宅配買取を行うと宅配キットが2重で発生します。

まとめて査定に出すことで、このコストをカットし、その分を査定額に上乗せすることができるからです。

お酒や食器、機密製品に関してまとめて査定に出す場合は、商品同士がぶつかり合って破損してしまう危険性をなるべく少なくするようにしましょう。

お酒買取に力を入れている買取業者に依頼する

リサイクル業者にお酒を売却するのと、お酒の買取に力を入れている業者にお酒を売却するのだとどちらが高く買取をしてくれるかは皆様すぐにわかるかと思います。

リサイクル業者で数千円だった商品が、買取業者だと数万円で売却できる可能性の方が高くなっています。

その買取業者も様々あり、何に力を入れて買取を行っているかが重要となります。

お酒の買取に力を入れている買取業者は他店に劣らないようにと高く買取をしてくれる可能性が高くなっています。

弊社買取のラフテルもお酒の買取に力を入れている買取業者ですので、是非お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

買取のラフテルでの多彩な買取方法

買取のラフテルは東京都の御徒町という台東区に本社を構えています。

しかし、遠方のお客様からも同じように買取ができるようにと、様々な買取方法をご用意しております。

ですので、遠方だから買取してもらえないということはありませんのでお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

以下、買取のラフテルでご用意している買取方法ですのでご自身に合った買取方法を選んで頂ければと思います。


店頭買取

店頭買取は、直接店舗にお客様がいらして買取を行う買取方法となります。

1都3県にお住まいの方がよく利用される買取方法です。

目の前で査定をしている様子を見ることができ、お客様自身も安心して査定を待つことができます。

買取が成立した場合にはその場で現金をお渡ししているので、すぐに現金化したい方や目の前で直接査定風景を見たいという方にはオススメです。

お酒は衝撃などで割れてしまうことがありますので、店舗までお気をつけてお持ち下さい。

宅配買取

宅配買取は、お客様のご自宅に宅配キットを買取のラフテルが送付致します。

その宅配キットに梱包した商品を入れて送り返してもらい、こちらで査定を行って結果をお伝えするという買取方法となります。

宅配ということでお客様に掛かる手間を極限まで減らした買取方法です。

査定をしている風景を見ることはできませんが、梱包をして送り返すだけですのでお身体の悪い方や遠方のお客様にオススメです。

買取不成立の場合でも、返却に掛かる送料は弊社負担となりますので是非お気軽にお問い合わせ下さい。

出張買取

出張買取は、お客様のご自宅に査定員が直接お伺いして査定をする買取方法となります。

査定員が直接ご自宅にお伺いすることで自宅で査定をしてもらえるので安心することができます。

大きくて持っていくことも宅配で送ることもできないというような場合にオススメです。

弊社はロゴ付きの車でお伺いするわけではありませんので、恥ずかしいなどそのような心配はございません。

自宅で査定をする際も玄関先などでも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

よくある質問

それでは、実際にお酒を買取する際によくお客様から問い合わせをされる質問をご紹介致します。

同じような疑問を抱いている方は是非ご参考にして下さい。

これ以外に聞きたいことがあるというお客様は、是非お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。


開封済みは買取してもらえませんか?

買取不可能となります。

ビンのキャップの開閉のお話ですので、パッケージから出してしまった場合などはこれに含まれません。

キャップを開閉していないお酒は基本的にお値段を付けることが可能ですので、是非お気軽にお問い合わせから査定をしてみて下さい。

付属品が無いと買取してもらえませんか?

付属品が無くても買取は可能です。

よく共箱や説明書は捨ててしまったというお客様が多いですが、お酒自体が売れなくなるということはありません。

上記の質問のように開封さえしていなければ付属品が無い場合でも買取は可能となっています。

付属品が全て揃っていることで査定額の上昇はあるので、無い場合ですとその分減額となってしまう場合がございます。

お酒が減ってしまっているが買取できますか?

買取可能となります。

お酒を長期保存している場合、蓋から蒸散してしまいお酒の量が減ることがあります。

しかしそのような場合でも買取は可能ですので、諦めずにお問い合わせから査定をしてみて下さい。

ただし、減ってしまっているということで最高価格よりも減額となってしまう可能性はあります。

査定だけでもお金が掛かりますか?

弊社買取のラフテルでは査定のみの場合でも料金は発生致しません。

多くの買取業者が査定のみでも無料になっている世の中ですが、そうではない買取業者もまだ存在しています。

買取のラフテル以外でお酒を査定してもらう場合には、しっかりと確認するようにしましょう。

お客様の声

K様 60代 女性

  • 買取を依頼した理由

昔飲もうと考えて購入したウィスキーが自宅にあることを思い出したそうです。

たまたま竹鶴の21年だったそうで、これは価値がつくのではないかと思い、様々な買取業者に連絡を取ったそうです。

お酒は割れやすいから店頭買取しかできない、うちでは値段をつけることができないと断られることが多かったそうです。

息子様に相談をしたところ、代わりに探してくれたそうでそこが弊社買取のラフテルでした。

お住まいが遠方でしたので、宅配買取にて申し込み頂きました。

  • 査定結果を受けての感想

他では断られることが多く、売るのを諦めようと思っていました。

しかし買取のラフテルさんは快く査定を引き受けてくれたのと同時に、査定のみの場合でも無料ということでとても使いやすかったです。

査定結果にも満足しています。


R様 30代 男性

  • 買取を依頼した理由

おじい様が亡くなられたそうで、自宅の片付けをしている際に出て来たウィスキーが竹鶴の17年だったそうです。

しっかりと箱に入れられて保管されていたことから、価値があると思いネットで調べたそうです。

売れることがわかってからは、割れてしまうのが怖いということで弊社買取のラフテルにお持ち込み頂きました。

  • 査定結果を受けての感想

なるべく高く買取をしてくれそうなところにお願いをしたかった。

たまたま調べて出て来た買取のラフテルさんに持って行ったところ、最初から理想の金額で査定をしてもらえたので即決しました。

また、何か出て来た際には買取のラフテルさんに頼みたいと思っています。

ありがとうございました。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

有名なウィスキーである山崎や白州を知っているという方は多いかと思いますが、今回ご紹介したように「竹鶴」も長い歴史を持つ有名なウィスキーなのです。

このページを読むことで更に竹鶴の価値を知っていただけたのではないでしょうか。

もちろん、売ることを前提で竹鶴を購入している方は少ないかと思いますが、飲むつもりがないという方は一度査定をしてみてはいかがでしょうか?

買取のラフテルでは上記でご紹介したように沢山の買取方法がございます。

そのため、弊社のある東京に在住ではない場合でも無料で査定を行うことができます。

さらに、LINE査定もご用意しておりますので、写真を送付してもらうことで簡単にある程度の査定結果をお伝えすることが可能です。

貴重なお宝となりますので、価値を知っておくだけでも良いのではないでしょうか。

買取のラフテルでは今までに沢山のお酒買取の実績がございます。

ですので、沢山のお客様からのお問い合わせをお待ちしております。

ニッカ ウヰスキー竹鶴35年 備考:完備 内容量:750ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴35年


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

700,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴35年 竹鶴ノート モルトウィスキー 木箱  備考:完備 内容量:700ml アルコール分:48度

ニッカ ウヰスキー竹鶴35年 竹鶴ノート モルトウィスキー 木箱


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

2,000,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴25年 ピュアモルト 備考:完備 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴25年 ピュアモルト


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

200,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 マディラウッドフィニッシュ 備考:- 内容量:700ml アルコール分:46度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 マディラウッドフィニッシュ


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

120,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ポートウッドフィニッシュ 備考:箱付 内容量:700ml アルコール分:46度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ポートウッドフィニッシュ


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

80,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ノンチルフィルタード 備考:- 内容量:700ml アルコール分:48度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ノンチルフィルタード


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

70,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト旧ラベル 備考:- 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト旧ラベル


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

50,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト 備考:箱付 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

50,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 旧ラベル 備考:- 内容量:180ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 旧ラベル


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

10,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト 角瓶  備考:完備 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト 角瓶


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

72,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト 備考:WWA 受賞記念ラベル 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴21年 ピュアモルト


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

60,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト旧ラベル 備考:- 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト旧ラベル


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

30,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ノンチルフィルタード 備考:- 内容量:700ml アルコール分:46度

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ノンチルフィルタード


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

60,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト 角瓶 備考:- 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト 角瓶


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

33,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト 備考:WWA 受賞記念ラベル 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

35,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト 備考:箱付 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴17年 ピュアモルト


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

28,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴12年 ピュアモルト 備考:箱付 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴12年 ピュアモルト


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

18,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴12年 シェリーウッドフィニッシュ  備考:完備 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴12年 シェリーウッドフィニッシュ


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

120,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴12年 ピュアモルト 角瓶  備考:箱付 内容量:660ml アルコール分:40度

ニッカ ウヰスキー竹鶴12年 ピュアモルト 角瓶


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

18,500

ニッカ ウヰスキー竹鶴 ピュアモルト新ラベル 備考:- 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴 ピュアモルト新ラベル


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

5,000

ニッカ ウヰスキー竹鶴 シェリーウッド フィニッシュ 備考:- 内容量:700ml アルコール分:43度

ニッカ ウヰスキー竹鶴 シェリーウッド フィニッシュ


メーカー: ニッカ ウヰスキー
原産国: JAPAN
カテゴリー: Liquor
買取価格

55,000

2023年11月29日 更新

買取・査定のお申し込み
0120-558-922

ラフテルスタッフの買取お役立ちブログ

お酒に関連するオススメ一覧

買取役立ちブログ一覧
買取・査定のお申し込み
0120-558-922
LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取
QA買取の際によくあるご質問お客さまから実際に寄せられた質問を集めました