なぜダイヤモンドの値段の相場は変動する?ここ最近の傾向について

希少価値の高いダイヤモンドは、人気のある宝石のひとつです。ダイヤモンドは投資対象としても注目されているのです。投資の対象であることからわかると思いますが、ダイヤモンドの値段の相場は変動します。ダイヤモンドの値段の変動の理由としては、「需要と供給」「為替レート」を挙げることができます。どちらも重要な要素であり、ダイヤモンドの値段の相場が変動するのです。

 

 

 

ダイヤモンドの値段の相場が変動する理由

ダイヤモンド リング 1.5ct

ダイヤモンド リング 1.5ct

 

需要と供給

ダイヤモンドの値段の相場が変動する理由のひとつが「需要と供給」です。基本的に、どんなモノでも需要と供給のバランスよって値段は変動するものです。そして、ダイヤモンドの相場も同じであり、需要と供給がダイヤモンドの値段に影響しています。需要が高まり、供給が追い付かなくなると相場は上昇するのです。逆に、需要がなくなり、供給が増えてしまうと相場は下落することになります。この需要と供給は、日本国内だけが対象ではありません。国際的に人気のあるダイヤモンドの相場は、国際的な需要と供給が重要となっているのです。

 

 

 

為替レート

ダイヤモンドの相場の変動は、為替レートも大きく影響しています。なぜなら、日本ではダイヤモンドを採掘することができません。つまり、日本ではダイヤモンドを輸入する必要があるのです。そのため、輸入時の為替レートが日本におけるダイヤモンドの相場と関係してくるのです。基本的には、円安になると国内のダイヤモンドの価値は上がり、円高になると国内のダイヤモンドの価値は下がる傾向があります。

 

 

 

1カラットの定価はあるの?

ダイヤモンドの価値が変動することが分かったと思います。そこで疑問になるのが、ダイヤモンドには定価があるのかです。1カラットの定価があれば知りたいところでしょう。しかし、残念ながらダイヤモンドには定価が存在しません。当たり前ですが、ダイヤモンドは自然の産物であり、定価という概念はないのです。しかし、ダイヤモンドを採掘するためには人件費や機材費などがかかっており、輸送費や加工費なども必要となります。そのため、ダイヤモンドは高価な宝石となっているのです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの相場チャートとは?何を知ることができるの?

 

最近のダイヤモンドの値段相場の傾向は?

ダイヤモンド リング 0.98ct

ダイヤモンド リング 0.98ct

 

最近の1カラットの相場傾向は?

最近のダイヤモンドの相場は上昇傾向にあります。この理由は、「採掘量の減少」「投資としての価値」「コントロールされた供給」の3点を挙げることができます。いずれも、ダイヤモンドの相場を上昇させる理由となっているのです。この状況はまだ続くとみられており、今後もダイヤモンドの価値は高騰していく可能性があります。

 

 

 

「採掘量の減少」と相場の関係

ダイヤモンドの採掘量が減少することで、ダイヤモンドの相場は上昇します。なぜなら、「採掘量が減る」=「供給が間に合わない」ということになるのです。その結果、需要が供給を上回り、ダイヤモンドの相場が上昇することにつながります。世界中にあるダイヤモンドの鉱山は「掘り尽くされた」と言われており、今後も採掘量は減少していくと思われるのです。

 

 

 

「投資としての価値」と相場の関係

最近では、ダイヤモンドを投資の対象として扱う傾向があります。ダイヤモンドの価値は摩耗することがないため、投資の対象にピッタリなのです。また、ダイヤモンドなら、政情不安などよって価値が左右されることがありません。そのため、ダイヤモンドは投資としての価値が認められているのです。その結果、ダイヤモンドの需要が上昇し、相場の高騰につながっているのです。

 

 

 

「コントロールされた供給」と相場の関係

実は、ダイヤモンドは供給量をコントロールされています。コントロールしているとされているのがデビアス社です。デビアス社とは、南アフリカに本社を置くダイヤモンドの採鉱・流通・加工・卸売を行なっている会社です。デビアス社は、かつてダイヤモンド流通の9割を支配していたとされています。現在ではそれほどの支配力はないものの、ダイヤモンドの世界では大きな影響力を持っており、供給量をコントロールしているとされているのです。そのため、ダイヤモンドの相場は高く維持されているのです。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドの相場は、日々変動しています。ダイヤモンドの相場が変動する理由は、「需要と供給」「為替レート」が挙げられます。需要が供給を上回れば、相場は上昇します。逆に、需要が供給を下回れば、相場は下落するのです。また、日本でダイヤモンドを採掘することはできないため、ダイヤモンドは輸入する必要があります。その結果、為替レートもダイヤモンドの相場の変動と関係しているのです。最近のダイヤモンドの相場は、上昇傾向にあります。この理由は、「採掘量の減少」「投資としての価値」「コントロールされた供給」が挙げられます。これらのことから、今後もダイヤモンドの相場は上昇する可能性が高いのです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する