珊瑚原木高価買取しました。 神奈川県のお客様

こんにちは、ラフテルです。

 

今回は赤珊瑚の原木を買取させて頂きました。

 

 

 

 

 

赤珊瑚 原木の査定ポイント

早速写真と一緒に査定ポイントを紹介させて頂きます。

 

 

このようなお品物になります。

 

根本には石が付いていますね。

 

珊瑚部分は磨かれたりはされておらずそのままの原木になります。

 

 

 

残り石

底部分はこのように石が残っています。

石が残っていると、重量に関わるので少しの減額になってしまいます。

 

石などが付いていない方が純粋に珊瑚の重量が分かるのでお持ちの方は確認してみてくださいね。

 

 

 

根本

こちらは根本部分のお写真になります。

 

 

お写真でもわかるように、ヒ(ヒビ割れのような亀裂)が入っているのが見えると思います。

 

これは珊瑚の原木に関わらず玉や彫刻品などの加工品でも亀裂があると減額ポイントになってしまいます。

 

また珊瑚の枝や原木を査定する際には、この根本部分の太さが大きく関わってきます。

 

現在珊瑚の原木の用途は玉や彫刻品に加工するのがほとんどになります。

 

そのためこの根本の部分が太ければ太いほど、大きな加工品にできるため需要が増えるのでその分高額査定ができます。

 

 

今回の珊瑚原木の根本部分の太さは7.8㎜でした。

 

これは細い珊瑚になります。

 

太さは珊瑚の査定では重要なポイントになります。

 

高額査定ができる珊瑚は最低でも10mm以上必要です。

 

また20mm以上の玉が取れそうなくらい太いものですと、高額査定が期待できます。

 

根本で7.8㎜ですので上のほうに行くと5mm前後程になってしまい加工には難しくなってしまいます。

 

 

もう一つ重要な査定ポイントとして色の濃さがとても大事になります。

 

 

査定額の目安としては、

 

血赤>赤>桃>ピンク>白

 

とのような目安になります。

 

簡単に色が濃ければ濃いほど査定額は上がりやすくなります。

 

最上級の珊瑚は血赤珊瑚と呼ばれ、血のようにとても濃い赤色をした珊瑚になります。

 

この地赤珊瑚は産出量が少ないので値段が上がりやすく、さらに20mm以上の大きな玉のような珊瑚ですとものすごい価格になることもございます。

 

今回の珊瑚は色は赤珊瑚になります。

 

赤珊瑚の中でも少し明るめの赤色といった評価になりました。

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

色味、重量、大きさ、太さの総合的な査定をさせて頂き、買取金額は47,000円となりました。

 

赤珊瑚製品は一時期よりは相場や需要も下がってしまいましたが、それでもサイズや色によっては高額査定が期待できる品物になります。

 

珊瑚には値段の付く珊瑚、付かない珊瑚など種類もございます。

 

メール査定やLINE査定で簡単に価値が分かります。

 

もしご自宅に珊瑚が眠っているのであればラフテルまでご相談ください。
合わせて珊瑚買取に関する基本情報もご確認ください

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取