象牙一本牙買取 2.26kg 埼玉県のお客様。

こんにちは。

 

ラフテル鑑定士の山本です。

 

今新しく家を建てる時、居間を作られることって少なくなりましたよね。

 

今回ご紹介させていただくお宝は象牙の一本牙になります。

 

お客様はお家をリフォーム工事した際に居間を作らなくて、飾る場所がなくなったそうです。

 

そういったものって結構ございませんか?

 

押し入れやタンスの中にしまいっぱなしでタンスの肥やしになってる物はございませんか?

 

一度思い返してもしあればラフテルの無料査定を試してくださいませ。

 

さてさてずっと押し入れの中で眠らせていた象牙は一体いくらになるのでしょうか。

 

 

 

 

 

象牙の査定ポイント

 

 

箱を開けてみるとなんと美しい。

 

それと台座から登録票まで綺麗に箱の中にしまってありました。

 

 

 

象牙の状態

肝心の象牙はどうでしょうか。

 

 

 

直径は70センチ近くあります。

 

磨きがかかっていますが、綺麗なアイボリー調の色調が象牙特有の美しさですね。

 

こちらが断面になります。

 

 

象牙の牙は本来三分の一ほど空洞になっていますが、今回の一本牙はしっかりと蓋もついていてしまっている状態のものです。

 

少し残念なポイントが赤いシミのような汚れが付着していました。

 

 

汚れがあると査定額に響いてしまいます。

 

 

 

 

 

登録票の有無

象牙を取引するにあたって大切なのがこちら

 

 

国際希少野生動植物種登録票です。

 

一本牙の原型をとどめている場合は今現在、こちらがないと売買ができません。

 

1989年に絶滅のおそれがある野生動植物種の国際取引に関するワシントン条約により、象牙製品なども禁止になりました。

 

日本ではワシントン条約の実効性を高めるべく、1992年に種の保存法を制定し、違法な取引を取り締まっております。

 

それほど取引することが、厳重になっております。

 

もし登録票がない場合は「自然環境保護センター」にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

ラフテルでの査定

さてせっかくなので最後に台座にのせてみましょう。

 

 

立派ですね。

 

さすがに貫禄があります。

 

この画像をみて欲しいと思われる方もいるとおもいます。

 

そして気になるお値段になりますがラフテルでは¥53,000まで頑張らさせていただきます。

 

象牙の一本牙はキロ単価でお値段が変わってきます。

 

重ければ重いほどキロ単価はあがっていくのですが、こちらの象牙2.26kgでこのお値段はまず他のお店様ではでないとおもいます。

 

もしお手元に象牙製品がございましたら是非ラフテルにお問い合わせください。

 

宅配買取、無料出張査定をよろしければご利用くださいませ。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取