象牙の詰め物について

象牙の詰め物について

象牙の中の様々な詰め物について

昔から、象牙は1kgあたりいくらと重さでの売買が主流です。

これを悪用して、象牙の中の空洞に詰め物を入れ、重量のかさ増しをしている場合があります。

本サイトの買取価格の出し方でも説明していますが、買取単価×キロ数で査定額を出します。

異物が詰められている場合は、その重さを引いて計算しますのでご注意ください。

詰め物がない象牙

  • フタが付いていない象牙

    元々フタも付いていない象牙。

  • フタが付いていましたが、詰め物はない象牙

    フタが付いていましたが、詰め物はありませんでした。

  • の方で切られて入るため空洞が無い象牙です。

    先の方で切られて入るため空洞が無い象牙。

詰め物(例)

  • 小さな固形の樹脂が詰まった象牙

    小さな固形の樹脂が詰まってました。
    除去後の差は-2.75kg

  • 空洞に沿って木が入っていた象牙

    空洞に沿って木が入っている象牙。
    除去後の差は-1.7kg

  • 木屑が詰まっている象牙

    木屑が詰まっていました。
    除去後の差は-0.8kg

    • ゴムのような弾力のある樹脂が流しこまれた象牙

      ゴムのような弾力の樹脂が流しこまれていました。
      除去後の差は-1.8kg

    • 先端に鉛が流しこまれた象牙

      少し見えづらいですが、先端までに鉛が流しこまれていました。
      除去後の差は-2.1kg

鉛(詰め物)の輪切り

象牙買取 鉛が詰まっている象牙を輪切りにした図

こちらは、私の鑑定した中でも、かなり深くまで鉛の詰まっていた象牙です。

象牙の付け根部分から、先端にかけて深くたっぷり鉛が流し込まれていました。 輪切りにして鉛を取り除きます。

重さにして3kg弱ありました。

元々12kgの象牙でしたが、鉛の分を引いて計算しますので、9kgになってしまい大幅な査定ダウンとなってしまいました。

詰め物が入っている可能性について

経験則になってしまい恐縮ですが、象牙の詰め物の入っている割合は1割~2割くらいでした。

詰め物が入っていたとしても、しっかりと値段付きますのでお気軽にお問い合わせください。

※また、フタが付いている場合、無理に外そうとしますと象牙が破損する場合がありますので、鑑定士の指示に従ってください。

関連記事

象牙の偽物の見分け方

実際の象牙製品、象牙の一本牙の買取額

象牙の単価が落ちてしまう、詰め物について

ないと罰せられてしまう、登録票の取り方

こんなところにも使われている!?象牙製品一覧

取り締まりが厳しくなっている象牙の今後の考察

<象牙買取について>の記事を見た人は、こちらの記事もよく読まれています。

珊瑚の買取について

一角(イッカク)の買取について

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する