本象牙 一本物 磨き 登録票付 84.5㎝ 6.1kg アフリカゾウ 高価買取しました。 静岡県のお客様

こんにちは、鑑定士の駒走です。

 

今回は象牙があるとお問い合わせをいただき出張査定にお伺いいたしました。

 

元々祖父が持っていたそうで、玄関先にずっと飾っていたそうです。

 

今回引っ越しを検討されているそうなのでもう持ってくのも大変だし飾るのも面倒だからとお問い合わせいただきました。

 

 

 

 

 

買取した商品のご紹介

それでは今回買い取りさせていただいた6.1kgの象牙を簡単にご紹介させていただきます。

 

 

こちらが今回買い取りさせていただいた象牙になります。磨きがかかって何年たってもきれいで威圧感がありますね。

 

象についている状態の牙をご覧になられたことはありますでしょうか?

 

もっと木みたいな色をしているけど象牙で間違いないのか?

 

牙の中が空洞になっているけど本当に象牙なのか?

 

などよく合問い合わせをいただきます。

 

もともと象牙は簡単に言うと木のような色をしていて今回の象牙に比べると正直汚いです。

 

そういった状態を象牙の原木といいます。

 

その状態から磨きをかけると

 

 

上のようにきれいな色に合いあがります。

 

今回は磨きをかけた状態の象牙を買い取りさせていただきました。

 

 

 

登録票の必要性

次に一番大切な登録票について簡単に説明させていただきます。

 

 

こちらがないとワシントン条約により、売買できない決まりとなっています。

 

正式名称は国際希少野生動植物種登録票です。

 

一本牙の原型をとどめている場合は今現在、こちらがないと売買ができません。

 

1989年に絶滅のおそれがある野生動植物種の国際取引に関するワシントン条約により、象牙製品なども禁止になりました。

 

日本ではワシントン条約の実効性を高めるべく、1992年に種の保存法を制定し、違法な取引を取り締まっております。

 

それほど取引することが、厳重になっております。

 

もし登録票がない場合はインターネットにて「自然環境保護センター」とお調べください。

 

 

 

 

 

ラフテルでの買取

今回の象牙は虫歯やひび割れなど目立った傷などもなかったため100,000円の金額をつけさせて頂きました。

 

ラフテルでは象牙の1本牙のほかにカット材アクセサリーや置物などの買い取りも行っております。

 

現在ワシントン条約の関係から象牙製品の売買が特に厳しくなっており、相場が大幅に変わることがございます。

 

物置の奥にしまったままの状態や処分を少しでもご検討されていらっしゃる方はぜひご相談ください。

 

なお、セイウチやクジラの歯などの買い取りも行っております。

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取