象牙麻雀牌を高価買取しました。神奈川県横浜市のお客様

ご覧いただき有難う御座います。

 

買取のラフテルです。

 

今回ご紹介させて頂くのは「本象牙 無垢 麻雀牌」になります。

 

弊社ラフテルでは象牙製の麻雀牌は多数お買取りさせて頂いておりますが、その中でも数は少ないですが高額査定になりやすい無垢タイプの麻雀牌になります。

 

そのお品物がこちら

 

中国で作成された象牙麻雀牌になります。

 

 

 

 

 

象牙 麻雀牌の査定

作られた時代は比較的新しい物になります。

 

デザインも赤青黄緑金と綺麗な色彩で色付けされたお品物になります。

 

牌のサイズも少し小さいですが申し分ないサイズになります。

 

 

牌のアップの写真です。

 

ご覧いただければわかるように象牙だけで作成された麻雀牌になります。

 

今まで弊社ラフテルでご紹介してきた麻雀牌は背中部分が竹で作られていたものが多かったと思います。

 

今回のように象牙無垢で作られている麻雀牌は希少なものになります。

 

もちろん背竹の麻雀牌よりも無垢の麻雀牌のほうが高額査定になります。

 

また本物の象牙の麻雀牌かわからないといったお問い合わせを多くいただきます。

牌を立てて上から撮影した写真になるのですが、象牙の麻雀牌には必ず写真のような模様が見えます。

 

網目のような模様ですね。

 

この模様がはっきりと出ていればその麻雀牌は象牙製の麻雀牌になります。

 

 

 

偽物の可能性もアリ

逆にこの模様が見えなかったり、透明感があったり、全部の牌が同じ色味で真っ白ですとその麻雀牌は人口樹脂で作られた麻雀牌の可能性が高くなります。

 

人口樹脂で作られたお品物ですと買取りの対象外となってしまいます。

 

また本物の象牙と見間違えることが多いのが骨材で作られた麻雀牌になります。

 

象牙との違いは表面がスカスカだったり黒い筋のようなものが見えたりします。

 

黒い筋が見えたら骨材を疑ってください。

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

さて今回の「本象牙 無垢 麻雀牌」の査定額ですが、¥201,000となりました。

 

象牙無垢材で作られていること、牌の絵柄、デザインもカラフルな色彩で人気のタイプであったこと、使用頻度も少なく変色が少なかったこと等総合的に減額ポイントが少なく、高額査定となりました。

 

一つだけ残念だったのが、麻雀のゲームで得点計算に使う点棒やサイコロが象牙製ではなくプラスチック製だったことがあげられます。

 

付属品も全て象牙で作られていたらもう少し査定額も上がっていました。

 

本日は象牙製の麻雀牌をご紹介させて頂きました。

 

現在象牙の相場が大きく変動しております。

 

つい最近の市場でも相場が下落しているという情報が入りました。

 

日本ではつい最近象牙の売買を抑制する動きや活動が始まっております。

 

今後象牙の一本物以外の品物の相場にも影響してくると言われています。

 

もし象牙製品の売買をお考えでしたら、最新の相場情報や査定額等ご相談させて頂きますのでお気軽にご連絡下さい。

 

お待ちしております。
合わせて象牙買取に関する基本情報もご確認ください

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取