象牙 一本牙を高価買取しました。

こんにちは。

 

ラフテル 御徒町南口店の伊藤康二です。

 

この度は弊社ラフテルをご利用いただきありがとうございます。

 

今回はお客様から象牙の一本牙が家にあるので見てもらいたいとのご連絡を受けご自宅に出張査定に行かせていただきました。

 

出張査定のご依頼誠にありがとうございます。

 

お客様ご自身でご購入され以前は飾ってあったとの事だったのですが今は家を建て替え、飾る場所が無くなっていまい押し入れの奥にしまいっぱなしにしていたそうで、他のもが入れづらく邪魔になってしまったため家族にも早くなんとかしてと言われていたそうで早めの御処分をお考えとの事でした。

 

今回買い取らせていただいた象牙は3kgで根元の少しの割れがありましたが他にヒビや病も無く彫刻もされていないもので状態が良かったため5万円をつけさせて頂きました。

 

今回査定させて頂いた象牙は下の写真のものになります。

 

いろいろな角度から見てみましょう。

 

 

まず全体です。

 

象牙といえばこの一本牙ですね。

 

まずここで彫刻が施されてしまっていると査定額が下がってしまいます。

 

理由は、ほかの置物や印鑑、装飾品を作るときに彫刻がされている部分は使えなくなってしまうため彫刻がされていない象牙よりかは値段が下がってしまいます。

 

さらに、両面彫りや透かし彫りが施されているとさらに下がります。

 

 

 

 

 

象牙の真贋ポイント

本物の象牙かわからない。

 

 

という方もいらっしゃると思います。

 

 

 

見た目

本物の象牙一本牙はこの写真の様に牙の先端を見てもらい焦げ茶色のような細長い1cmほどのシミがあります。

 

練物と呼ばれる象牙の偽物ではこれが無かったりと不自然に人工的に作られています。

 

真贋のポイントは他にもいくつかありますのでこれは一つの真贋のポイントとして見てみてください。

 

 

 

 

 

根本部分

 

 

こちらに割れやヒビがあると査定額が下がってしまうことがあります。

 

今回の一本牙は割れが少しありますね。

 

ヒビもこの根元の方から入ってしまっているものが多くあります。

 

ここも真贋のポイントの一つです。

 

本物の象牙は半分から3分の2程まで空洞になっています。

 

練物は重量を出すため中の空洞が半分以下のものが多いです。

 

根元から見て空洞の先端が見えてしまったら練物かもと疑ってもいいかと思います。

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

弊社ラフテルでは象牙の様に大きかったり重かったりの理由で店頭に持って来られない品物をお持ちのお客様に無料で出張査定を行っております。

 

お値段をご提示させていただき買い取りが成立しなくても手数料等一切かかることはありません。

 

なのでお気軽に出張査定依頼をしていただけたらと思います。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取