宝石買取 パール リング 12.0mm 埼玉県のお客様

宝石買取実績 パールリング 12.0mm

お客様情報

お客様: Y様

所在地: 埼玉県

年齢:  60代

買取方法:出張買取

売却品: 真珠(パール)リングK18 9.7g 12.0mm D0.04ct

 

 

パール リング 12.0mm

パール リング 12.0mm

 

 

 

 

 

真珠(パール)リング買取を依頼した理由

大きな真珠が欲しくて、買ってはみたもののでっぱりがありすぎて、付けていると邪魔で仕方がなく、結局余りつけなくなっていたもので、娘もいらないということなので売りたいとのことでした。

 

 

 

 

 

買取価格

真珠(パール)リング買取金額   ¥28,000-

 

 

 

 

 

真珠(パール)リング査定したポイント

このパールは南洋真珠で、直径も12ミリアップあるのですが、色が若干黄色です。

 

しかも照りもいまいちであったので、パール自体にお値段付けるのは、ちょっと難しくなります。

 

一般的にパールは有機質であるので、基本的に劣化していきます。

 

時間がたてばたつほど、照りがなくなり、色も黄ばんでいきます

 

したがってあこや真珠の場合、100%養殖ですから、日々新しいパールが生まれてくるので、古いパールにはほぼ価値はありません。

 

ただ養殖とはいえ、大きなものである南洋真珠の中には、高額査定の物もあります。

 

しかしこちらの南洋真珠は、その基準まで達していないので、残念ながら枠とダイヤの部分の買い取り額となります。

 

 

 

 

 

真珠(パール)リング買取まとめ

パールには、あこや真珠から取る和珠、白蝶貝からとれる南洋真珠、川や湖でイケチョウ貝などからとる淡水パール、コンク貝からとるコンクパールなどがあります。

 

現在はコンクパール以外はほとんど養殖です。

 

コンクも最近養殖に成功したとゆう情報がありますが、まだ商業ベースに乗るまでには至ってないようです。

 

ここでは南洋真珠のことを述べてみたいと思います。

 

南洋真珠は白蝶貝からとれます。

 

おもにオーストラリア、インドネシア、フィリピンなどで養殖されています。

 

真珠の名では最も大きなものがとれます。

 

なかには20ミリ超えるのもあるそうですが、わたしが見たことがあるのは18ミリが最高です。

 

当然昔は養殖などなく、天然でした。

 

ですから昔はとんでもなく高額でした。

 

養殖ができるようになってからも、技術的に難しかったのか、大粒の物は、ネックレスになってると、数千万円の値段がついてましたね。

 

今は養殖の技術も向上し、養殖場所も増えかなり手に入りやすくなってきました

 

テレビショッピオングなんかではびっくりするぐらいです。

 

ですから買取も買われた時の時代と今とでは、全く値段が違っています。

 

ギャップがあるのでつらいですね。

 

しかし今でも15ミリアップの大粒の物は、養殖でも採れる確率が低いのか、お値段はつけることができます。

 

やはり大粒の物は貝にとって、負担が大きいものになるのだと思われます。

 

一方南洋真珠のなかには,黒蝶貝からとれる、黒真珠があります。

 

よくテレビショッピングなんかで出されている黒真珠は南洋ではなくて、アコヤ真珠を染色したものがほとんどですから、結構低額で提供されています。

 

南洋真珠は大きさもさることながら、形もバラエテイーにとんでいます。

 

ラウンドはいうに及ばず、ドロップオーバル、バロック、サークルなどいろいろあるので、デザインや用途に合わせて様々な製品があります。

 

でもやはりきれいなラウンドが高額になります。

 

色はシルバー系のものが主流ですが,黄色の色素が含まれるものもあり、それがより濃くなると、金色になって、ゴールデンパールと呼ばれ、それもまた高額で取引されます。

 

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取