貴金属の買取

2__

鑑定士の伊藤です 。

先日のちょっとワクワクしたお話をします。

ゆったりと上品なおじいさんが現れて、紙袋の中から大事そうに桐箱をだされたのです。

本物かどうかみてほしいとのこと。

ふくさにつつまれた、中から出てきたのは、変色した大判だった!

書き付けをみると、大正大判とかいてあるのです。

調べてみると、600年前に秀吉が作った大判とあった!

動悸が激しくなるのを感じながら、よく調べてみると、裏にちいーさくgfとあった!がっくり。

金バリだったんです。

おじいさん は肩を落として帰っていったのです。

ちょっとみでは、わからないレベルのものでした。しかし一方で、見るからに、メッキどわかるものを持ってくる人もいます。

今日持ち込まれた品物が、これです。

お客様に値段が付けれない答えると、処分してくれとの事だったので飾ることにしました。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取