珊瑚リングの買取価格はいくら?買取実績から紹介

珊瑚リングは買取の対象となっているのですが、金やダイヤ、プラチナなどに比べるとマイナーです。そのため、あまり買取についての情報もわかっていない方も多いでしょう。

そこで今回は、実際にあった珊瑚リングの買取実績から、珊瑚の買取情報を紹介していきます。珊瑚を買取に出す前に、ぜひチェックして参考にしてみてください。

 

実際の買取事例(珊瑚リング15mm×10mm

珊瑚買取

まずは、実際にあった珊瑚リングの買取事例から紹介していきます。

珊瑚(サンゴ)リング

15mm×10mm

Pt900 10.2g

D 0.18

買取価格 35,000

 

なぜ買取を依頼した?

お客様が買取を依頼した理由は、「必要がなくなったから」とのことです。もともとプレゼントされたものだったとのことですが、なかなか使用する機会がなく、必要ないと思って買取にだされたのです。

珊瑚のアクセサリーは、なかなか使用する機会がありません。そのため、必要に感じなくなり、買取を依頼するお客様が多いです。そんなお客様は、「デザインが古いけど大丈夫なの?」と不安な方が多い傾向があります。しかし、そのような心配をする必要がありません。古いデザインだろうが、珊瑚の保存状態が良ければ問題なく買取することが可能です。心配しないで、ぜひ買取に出してみてください。

 

査定ポイントは3つのポイントが重要!

珊瑚における査定のポイントは、大きくわけて3つ挙げることができます。「本物なのか」「色合い」「大きさ」の3つの要素が重要となっているのです。当たり前ですが、本物でなければ価値がありません。しかし、素人では本物・偽物の違いをチェックするのは難しいでしょう。そのため、本物・偽物がわからない珊瑚でも、遠慮なく買取に出してみてください。

また、色合いですが、珊瑚は色によって「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「桃色珊瑚」「白珊瑚」に分類することが可能です。血赤珊瑚は高額になりやすく、逆に白珊瑚に近づくほど価格は安くなります。

珊瑚は、大きいほど高額になる傾向があります。やはり、大きいサイズほど希少価値が高く、買取価格も高くなるのです。正確な決まりがあるわけではないですが、10mm以上のサイズは希少性があるとされるのが一般的です。

なぜ今回は35,000円の買取価格になった?

今回の珊瑚リングは、35,000円の買取価格をつけさせていただきました。まず、依頼していただいた珊瑚は本物でした。色合いから「血赤珊瑚」として査定をしています。大きさは15mm×10mmと比較的に大きいサイズです。さらに、リングにはプラチナやダイヤモンドが使用されています。それらも全部ひっくるめて今回の35,000円という買取価格をつけています。

お客様には、お持ちいただいた珊瑚の状態と相場的なお話をさせていただきました。そして、ご納得していただけたため、買取させていただくことになりました。

 

珊瑚の買取事情について紹介!

サンゴ コラム

珊瑚の買取価格は高騰中

珊瑚の買取価格は、高騰中となっています。理由は、珊瑚の需要の高まりと珊瑚の供給の減少にあります。珊瑚は、日本だけでなく世界的に人気がある宝飾品です。

とくに、中国では高い人気があり、常に高い需要があるのです。中国だけでなく、ヨーロッパなどでも需要があり、珊瑚の価値は上昇しており、買取価格の高騰につながっています。また、珊瑚の供給は減少傾向にあります。

珊瑚の白化現象が起こっており、珊瑚が減っているのが現状なのです。珊瑚の白化現象の原因は、環境汚染や水温の変化などが挙げられます。今後も珊瑚の供給が減っていけば、さらに珊瑚の価値は上昇するでしょう。

 

珊瑚の買取なら業者選びがポイント

珊瑚を買取に出すなら、業者選びが重要です。業者選びのポイントは、「専門知識の有無」「買取実績の多さ」の2つが挙げられます。珊瑚の価値を査定する際、専門知識がなければ適正な価格の査定金額をつけることができません。

そもそも、専門知識がなければ、珊瑚の価値を正確に判断することができません。そのため、専門知識があり、鑑定士が在籍している業者を選ぶべきです。また、買取実績が豊富なほど、専門知識がある可能性が高い業者となります。

ですから、買取実績の多さもチェックして、業者選びをするのがおすすめです。買取実績については、業者のウェブサイトからチェックする方法が確実です。ちなみに、ラフテルも買取実績を数多くウェブサイトに記載されているため、チェックしてみてください。

 

まとめ

珊瑚 リング

今回は、珊瑚リングの実例と買取事情について紹介してきました。珊瑚の買取査定では、「本物なのか」「色合い」「大きさ」がポイントとなっています。また、ダイヤモンドやプラチナなどの素材が使用されていれば、それらもプラス要素となります。

珊瑚は高額になることがありますが、それは珊瑚の価値は高騰しているからです。中国を中心に珊瑚は需要が高い反面、珊瑚の白化現象などで供給は減っています。そのため、珊瑚の価値は上昇しており、買取価格も高くなっているのです。珊瑚の買取の業者選びは、「専門知識の有無」「買取実績の多さ」がポイントとなります。そのため、専門知識のある業者や買取実績の多い業者を選ぶようにしましょう。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取