デザイン性抜群!フランクミュラーのいろは教えます!!

フランク・ミュラーのご紹介

皆様、フランク・ミュラー(FRANCK MULLERR)という時計ブランドの名前を聞いたことはあるでしょうか?

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)はブランド時計業界でも有名で人気のあるブランドとなっています。

なんといってもフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)の特徴と言えばそのデザイン性です。

フランク・ミュラー(FRANCK MULLERR)その2


このように文字盤がとても特徴的な仕上がりになっている時計が多くなっています。

このデザインを好み、おしゃれとして使用している人がとても多いブランドです。




フランク・ミュラーの歴史

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)は1958年にスイスにて誕生しました。


1986年

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)が世界に存在を示した年です。

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)はトゥールピヨンという今までの時計に無い、新しい構造を開発しました。

このトゥールピヨンというのは地球の重力の影響で精度のの狂いを自ら補正する特別な機能となっています。


1998年

この歳に、フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)は直径19.15mmという世界最小となるトゥールピヨンのムーブメントを開発しました。

このムーブメントは小型化の世界記録ともなっています。


2000年

この年にフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)はロングアイランド ピーレトロ セコンドというモデルを開発しました。

このモデルは秒をふたつのレトログラード針によって表示する初の方式を腕時計で試したそうです。

1つ目の秒針は0秒から30秒、2つ目の秒針は30秒から60秒までを表示しました。

この時に今現在でもあるこの形のフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)が誕生したのです。

FRANCK MULLER



2006年

この年に、エテルニタスというモデルが開発されました。

このエテルニタスは「フライングトゥールピヨン、約8日間のパワーリザーブ、プラチナ製マイクロローター」をしようした究極のコンプリケーションウォッチとなっています。

このエテルニタスは時計を使用し続ければ、永久にとなることはなく動き続ける自動巻き機構から由来されています。


2007年

この年に、エテルニタスメガというモデルが開発されました。

2006年に開発されたエテルニタスよりもフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)の全ての技術を総じて作り上げられた、コンプリケーションウォッチとなっています。

その中でもエテルニタスメガ4は機械式時計におけるおおよそ全ての機能を搭載しており、全ての技術を集約しているということで最高峰として君臨しています。

簡略化していますが、このように様々な歴史をたどって今現在のフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)が存在しています。




フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)を使用している有名人

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)はそのデザイン性や機能性に目をつけ、多くの有名人も使用しています。

今回は箇条書きで少しご紹介使用と思います。

クリスティアーノ・ロナウド(プロサッカー選手)
永久カレンダーモデル
中居正広(歌手・タレント)
マスターバンカー
田中将大(プロ野球選手)
トノーカーベックス
志村けん(芸人)
シークレットアワーズ
木梨憲武(芸人)
カサブランカ
明石家さんま(芸人)
コンキスタドール グランプリ
白鵬翔(横綱力士)
ロングアイランド パーペチュアルカレンダー

まだまだ沢山の愛用者がいます。

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)はこのように沢山の有名人が使用している超有名なブランドとなっています。

もちろん一般の方もおしゃれ等で使用していることもよく見かけます。




フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)購入予算

さて、フランク・ミュラーは一体どれほどの値段で購入できるのでしょうか。

沢山の有名人が使用しているということと、ブランド時計ということで高くて手が出せないという方もいらっしゃるかと思います。


新品価格

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計を新品で購入する場合は、約50万円~300万円が予算となっています。

新品でも50万円から購入できるということで一般の方でも手を付けやすい値段設定がされています。

300万円の予算となると機能性やデザイン性、人気度が高いということですね。


中古価格

次は中古価格です。

中古でフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)を購入する場合の予算は約30万円から150万円となっています。

新品価格50万円のものが30万円、新品価格300万円のものが150万円の予算といったところですね。




フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)の査定ポイント

さて、ここからは買取部門に入ります。

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)を売却しようとしたときに買取業者がどこを見ているかです。


時計本体

まずは、時計本体にキズや打痕が無いかを確認します。

もちろんキズや打痕がある場合にはマイナス査定となってしまいます。

時計本体の査定は容姿だけではなく、時計が稼働しているかなども確認します。


ベルト

次にベルトの状態です。

よく売却で持ち込まれるフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)の時計はベルトが革製のものが多くなっています。

フランクミューラー


革製のベルトは使用すればするほど劣化していくものです。

売却をしないのであればこの劣化は「あじ」として見ることもできますが、売却の場合は劣化として捉え、これがあればあるだけマイナス査定となってしまいます。

仕方のないことですが、この劣化は時計の保管方法やメンテナンスによって遅らせることはできるので売却を考えているお客様は注意しましょう。


付属品

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)の腕時計を購入した場合、様々な付属品がついてきます。

時計に使うような付属品から、共箱まで全てを指しています。

この付属品があるか無いかで大きく査定額が変化してきます。

大きい時は数万円の査定額の差が出る可能性も十分にありますので、付属品は全て残しておくようにしましょう。


人気

毎回では無いですが、その当時の人気によって値段が左右することがあります。

人気の品物であり、品薄などの状態になると手に入れることが難しくなり、プラス査定となる可能性があります。

自分で確認することが難しい場合には、査定に出してどれだけの人気があるか確認すると良いでしょう。




まとめ

いかがでしたでしょうか。

フランク・ミュラー(FRANCK MULLER)はこのようにとても人気のあるブランドということがわかったのではないかと思います。

同じフランク・ミュラー(FRANCK MULLER)でも様々なモデルがあります。

ですので、一概にこれはこれだけの査定額がつくとは言えません。

ですので、査定に出すことによって正確な査定額を知って頂ければと思います。

ラフテルでは、査定のみの場合でも無料で行っていますので、お気軽にご利用して頂ければと思います。

査定をしたから、売却しなくてはならない等のルールはございません。

ラフテルは東京の御徒町に本社がありますが、遠方のお客様にもご利用して頂けるようにと「宅配買取」や「出張買取」もご用意しております。

ですので、誰もが気軽に利用することが可能です。

何か不明点や気になることがあればお気軽にお電話頂ければと思います。

それでは、沢山のお客様からのお問い合わせをお待ちしております。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する