ダイヤモンドのカラットと価格の関係とは?

高価な宝石と言えば、ダイヤモンドをイメージする人が多いと思います。希少性の高いダイヤモンドは高額な取引がされるため、多くの人がそんなイメージを持つのです。そんなダイヤモンドの価格は、様々な要素が絡んでいます。なかでも、ダイヤモンドの価格はカラットが大きく関わっています。ダイヤモンドのカラットとは、重さを表しており、カラットが大きいほど価格は高くなるのです。しかも、カラットが倍になれば、価格も倍になるような単純なものではありません。ダイヤモンドは、カラット数が大きいものは珍しく、希少性が高くなります。そのため、カラット数が大きいほど、割高な価格が付けられることが多いのです。

 

 

 

ダイヤモンドにおけるカラットについて

ダイヤ買取 東京都

 

ダイヤモンドのカラットとは?

ダイヤモンドのカラットとは、「重さ」を示すものです。大きさを表現する際にカラットを使う場合がありますが、厳密に言えば間違っています。1カラットの重さは0.2gとなっており、「ct」と表記されます。一般的に、1カラットのダイヤの平均的な大きさは約6.5mmとされていますが、カットの仕方などによっては、同じ1カラットでも大きさが異なるので注意してください。また、先ほど紹介したように、カラットはダイヤモンドの価格に大きく関係しています。カラット数が大きいほど価値があるため、購入するときや買取してもらう際にはカラットに注目しておくべきです。

 

 

 

カラットとダイヤ買取について

ダイヤモンドを買取してもらう場合、カラットはとても大事な要素となります。ダイヤモンドの価格は、カラットが大きいほど高くなると紹介しましたが、買取価格についても同じことが言えます。買取価格も、カラットが大きいほど高くなるのです。そのため、ダイヤモンドを買取に出す際には、そのダイヤモンドが何カラットなのかを把握しておくべきです。ダイヤモンドのカラットが分からない場合は、鑑定書を見れば記載されています。ダイヤモンドを購入した際に付いていた鑑定書をチェックして、何カラットなのかを確認しておくべきです。いずれにしても、ダイヤモンドの買取もカラットとは深く関係があることはあ覚えておくべきです。

 

 

ダイヤモンドのカラット以外の要素と価格の関係

ダイヤ リング 0.2ct

 

ダイヤモンドは4Cが重要

ダイヤモンドの価格については、カラット以外にも4Cが重要な要素となっています。4Cにはカラットも含まれるのですが、他の「カラー(色)」「クラリティ(透明度)」「カット(形状)」もダイヤモンドの価格に深く関係しているのです。カラー・クラリティ・カットいずれも、希少性が高いと価格が高くなります。そのため、同じカラット数なのにダイヤモンドの価格が違うという現象が起こるのです。ちなみに、カラットを含む4Cは鑑定書に記載されています。そのため、ダイヤモンドを買取に出す前には、鑑定書で4Cについても確認しておくべきです。

 

 

 

需要と供給のバランスもポイント

ダイヤモンドは、世界中で取引されています。そのため、世界中のダイヤモンドへの需要と供給のバランスが価格に反映されることになります。ダイヤモンドへの需要が高まれば、供給が追い付かなくなり、ダイヤモンドの価格は高騰するのです。その一方で、ダイヤモンドへの需要がなくなり、供給が超過することでダイヤモンドの価格は下落します。そのため、ダイヤモンドの価格は日々変動しており、ダイヤモンドを購入する際には、今の需要と供給のバランスをチェックしておくのがおすすめです。

 

 

 

ダイヤ買取とカラット以外の要素

ダイヤモンドの価格は、カラット以外にも4Cや需要と供給のバランスによって違います。それと同じように、ダイヤモンドの買取価格についてもカラット以外の4Cや需要と供給のバランスがポイントになります。カラットを含む、4Cの評価が高ければ買取価格は高くなるのです。また、ダイヤモンドの買取価格は日々変動しています。これは、ダイヤモンドの価値が需要と供給のバランスによる変動と連動しています。このことから、ダイヤモンドの需要と供給のバランスは買取価格にも影響していることがわかるのです。そのため、ダイヤモンドの需要が高まり、ダイヤモンドの価値が高騰しているタイミングで買取に出すのがおすすめです。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドは、カラットによって価格が大きく違います。ダイヤモンドにとってカラットとは、重さを示すものです。カラットが大きいほどダイヤモンドの価格は高くなります。他にも、カラットを含む4Cやダイヤモンドの需要と供給のバランスが価値と関係しています。これは、ダイヤモンドの買取に関しても同じです。ダイヤモンドの買取価格も、カラットが大きくなるほど高額になります。また、4Cや需要と供給のバランスによって、買取相場も変わってくるのです。そのため、ダイヤモンドを買取に出すときには、タイミングも重要となっています。様々な要素がダイヤモンドの価格を決めており、買取価格も決まってくるのです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する