ダイヤモンドの値段は何によって決まるのか!

ダイヤモンドは希少性が高く、高価な宝石として人気があります。そんなダイヤモンドの値段の相場は変動しています。現在は、価格が高騰しており、値段が高くなっている状況です。基本的には、ダイヤモンドの値段は需要と供給によりバランスが保たれています。つまり、価格が高騰してということは、現在は需要が高い状況となっているのです。また、ダイヤモンドの値段は他にも様々な要素が関係しています。

 

 

 

ダイヤモンドの値段は大きく異なる!

ダイヤ買取 東京都

 

同じカラットでも値段が違う理由!

ダイヤモンドの購入するときに、様々なダイヤモンドを見て検討するのが一般的です。色々なダイヤモンドを見ていると、同じカラットなのに値段が異なることに気が付くと思います。その理由は、4Cが関係しています。4Cとは、「カラット(Carat)」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」「カット(Cut)」の4つのことです。この4Cがダイヤモンドの値段に影響しているため、カラットが同じでも値段が違うのです。

 

 

 

他にも値段が異なる理由がある!

4C以外にも、同じカラットなのに値段が違う理由があります。それは、採掘されたダイヤモンドがたどるルートによるものです。ダイヤモンドが採掘され、最終的に末端までたどり着くまでの間のルートは様々です。一般的に末端までのルートで関わる業者が多いほど、手数料などで高価になってしまいます。

その一方で、最短ルートであまり業者を介さないことで、手数料を排して低価格でダイヤモンドを提供することができるのです。このように、同じカラットでも、辿るルートによって値段が違ってきます。お店によってダイヤモンドの値段が異なるのは、店頭に並ぶまでのルートの違いも関係しているのです。

 

 

 

ダイヤモンドルースの値段の特徴

 

 

そもそもルースとは?

ダイヤモンドルースは、「裸石」と呼ばれることがあります。このことからわかるように、ルースとは採掘したダイヤモンドの原石からカットされて研磨されたものを言います。ルースになるまでには、カット・研磨が行われており、ルースになった後にダイヤモンド自体を加工することはほとんどありません。

 

 

 

ルースの時点で価値は決まる!

ダイヤモンドの価値は、ルースの時点で決まっていると言っても過言ではありません。なぜなら、ダイヤモンドは最高の剛性を持っているのが特徴としてあります。そのため、ダイヤモンドの価値自体が摩耗することはありません。実際に会計的には、ダイヤモンドは減価償却の対象となっておらず、資産価値が経年劣化しないと判断されており、「投資等資産」に計上されることになっています。このことから、ダイヤモンドの価値が摩耗することはないことがわかるのです。そして、ダイヤモンドの価値はルースの時点で決まる理由も同じです。価値が摩耗することがないため、すでにルースの段階でダイヤモンドとしての価値は決まっていることになります。すなわち、ダイヤモンドの値段は、ルースの段階が最も重要なのです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドを適正価格で買取する方法!

 

ダイヤモンドの指輪の値段について

ダイヤ買取 埼玉

 

ダイヤモンドの指輪はルースより高い?

ダイヤモンドの価値は、ルースの時点で価値が決まると紹介しました。しかし、同じダイヤモンドでも、ルースより指輪の方が値段は高い場合があります。これは、ダイヤモンドの価値が変動したわけではありません。ダイヤモンドを指輪にした際の細工や特別なデザイン、ブランドなどが価値を高めることがあるのです。つまり、ダイヤモンドの指輪はルースよりも値段が高いことがありますが、それはダイヤモンドの価値の違いではなく、他の要素が関係していると言えるのです。

 

 

 

ダイヤモンドの指輪の価値が上がる理由

ダイヤモンドのルースより、指輪の価値が上がる理由としては「デザイン」「ブランド」などが挙げられます。有名なデザイナーが手掛けたダイヤモンドの指輪なら、ダイヤモンドの価値に付加価値がプラスされます。まや、有名ブランドが手掛けることにより、ブランド力がプラスされて価値が上がるのです。このように、ダイヤモンドの指輪の価値は「デザイン」「ブランド」によって、上がることがあるのです。ただ、ダイヤモンド自体の価値が上がるわけではないので注意してください。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドの値段は、4Cによって決まります。4Cとはカラット・カラー・クラリティ・カットのことであり、この4つの要素がダイヤモンドの値段に関係しているのです。また、最終的に販売されるまでのルートによっても値段が異なるのです。ルートの間に多くの業者が関わることで、値段が上がってしまいます。

ただ、基本的なダイヤモンドの価値は、ルースの時点で決まっています。ダイヤモンドは、価値が摩耗することがないため、ルーフの段階で価値が決まるのです。ただし、指輪などのジュエリーにした場合、手掛けたデザイナーやブランドによっては、値段が高くなることがあります。これは、デザイナーやブランドの付加価値であり、ダイヤモンドの価値は変わらないので注意してください。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する