ダイヤモンドの浄化方法は?ちょっとスピリチュアルな話!

ダイヤモンドと言えば、美しい輝きで古くから人気のある宝石です。それだけに、昔からダイヤモンドはパワーストーンとしても扱われています。パワーストーンと聞くとスピリチュアルなイメージがありますが、実際にダイヤモンドを見ると「本当に力があるのでは?」と思うことでしょう。そんなダイヤモンドですが、実はマイナスのエネルギーを吸収するとパワーが弱まるとされています。しかし、ダイヤモンドは浄化することができるとされています。ダイヤモンドの浄化方法はたくさんあり、「水」「太陽」「月」「塩」などを使用して浄化することができるのです。そのため、ぜひダイヤモンドの力が弱まったと感じたときには、ダイヤモンドを浄化してみてください。

 

 

 

ダイヤモンドの具体的な浄化方法!

ダイヤ買取 東京都

「水」を使った方法!

ダイヤモンドの浄化方法の1つが「水」を使った方法です。水でダイヤモンドを洗うことによって、ダイヤモンドは浄化されるとされているのです。水で洗うときには、あまりゴシゴシ洗う必要はありません。少量の水を流しながら、一緒にマイナスのエネルギーも流しましょう。ちなみに、水を使って洗浄し終わったら、柔らかい布などで水分を拭き取るようにしてください。

 

「太陽」を使った方法!

ダイヤモンドは、「太陽」の光を浴びせることで、浄化させることができます。簡単に言えば、ダイヤモンドの日光浴といった感じです。長時間に渡って太陽の光に浴びせる必要はありません。光が強ければ10分ほどで十分とされているのです。太陽には強いパワーがあるとされているため、太陽の光によって浄化することができると思われているようです。

 

「月」を使った方法!

ダイヤモンドの浄化方法としては、「月」の光も効果的とされています。太陽と同様、月にも強力なエネルギーがあると考えられています。そのため、月の光を浴びさせることで、ダイヤモンドに帯びたマイナスのエネルギーを浄化させてくれるのです。月の光でダイヤモンドを浄化させるときは、満月のときが一番効果的とされています。それだけ満月には、強いパワーがあるとされているのです。そのため、満月の日を狙って、ダイヤモンドを月の光に浴びせるようにするのがおすすめです。ちなみに、室内など窓際に置いて月の光に浴びせるだけでも、浄化効果があるとされています。

 

「塩」を使った方法!

ダイヤモンドは「塩」を使って浄化することができるとされています。基本的に、どんな塩でも良いとのことです。日本では、古くから穢れを落とすために塩を使用します。このことからも、ダイヤモンドの浄化に塩が有効であることがよくわかります。塩で浄化するときには、容器に塩を敷き詰めてその上にダイヤモンドを置いていく方法がおすすめです。また、天然の岩塩はパワーがあるとされているため、ダイヤモンドの浄化に使用してみてください。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの価値を決める!ダイヤモンドの色について

 

ダイヤモンドを浄化する際の注意点

ダイヤ買取 東京

あまり日光に当て過ぎない

ダイヤモンドの浄化をする方法としては、「太陽」に浴びせる方法があります。しかし、あまり太陽の光を浴びせ過ぎるのは危険です。なぜなら、日光には紫外線が含まれています。そして、カラーダイヤモンドは紫外線によって、色が変化する可能性があるのです。そのため、あまりダイヤモンドは日光に当て過ぎない方がいいのです。日光を浴びせ過ぎることは控えましょう。

 

油に注意!

基本的にダイヤモンドは、様々な方法で浄化することができます。なぜなら、ダイヤモンドは硬度が高いため、化学的に安定しているからです。しかし、ダイヤモンドは親油性が高いという特徴があります。親油性とは、油になじみやすい性質のことであり、油によってダイヤモンドの輝きが鈍くなるのです。そのため、どんな浄化方法を使用してもいいのですが、油を使用するのだけはやめましょう。もし油の成分を使ってしまった場合は、中性洗剤や洗顔剤などでダイヤモンドを洗い、油を取り除くようにしてください。また、油を洗い流した後には、水分を取り除き柔らかい布などで拭くようにしましょう。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドはパワーストーンとしても高い人気を誇っています。美しい輝きを放つダイヤモンドだけに、パワーストーンとされるのも納得です。そんなダイヤモンドですが、マイナスのエネルギーを吸収するとパワーが落ちるとされています。落ちたパワーを取り戻すためには、浄化させることです。ダイヤモンドを浄化させる方法はいくつかあります。「水」「太陽」「月」「塩」などを使用することで、ダイヤモンドは浄化させることができるのです。比較的、簡単に浄化させることができます。ただし、あまり日光の光に浴びせるのはおすすめできません。また、親油性が高いという特徴があるため、浄化させるときには油成分を使用することはやめましょう。ダイヤモンドのパワーが落ちたと感じたときには、ぜひダイヤモンドを浄化してみてください。浄化することで、パワーが戻るかもしれません。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取