ダイヤモンドは割れる!世界一硬いはずなのになぜ?

ダイヤモンドは誰もが知っている人気の宝石です。ダイヤモンドの特徴の1つとして硬さがあります。ダイヤモンドは、自然界の物質の中では、最も硬いとされています。実際に、モース硬度と呼ばれる硬さの尺度では、最高の10となっているのです。そのため、ダイヤモンドには、「割れない」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。しかし、ダイヤモンドはハンマーなどで思いっ切り叩けば割れてしまいます。この理由は、モース硬度による硬さの基準は、摩擦や引っかき傷に対する強さだからです。つまり、「叩いて割れるのか」という硬さを示しているものではありません。実は、ダイヤモンドは衝撃による硬さには弱いため、ハンマーやトンカチで思いっ切り叩けば容易に割ることができるのです。そのため、ダイヤモンドを身に付けているときには、あまり衝撃を与えないように気を付けるのがおすすめです。

 

 

 

ダイヤモンドが割れる理由について

ダイヤ買取 東京都

靭性からわかる割れる理由

ダイヤモンドが割れる理由については、靭性から理解することができます。ダイヤモンドの硬さを示すものとして、モース硬度が有名です。ダイヤモンドはモース硬度が最高の10だから、自然界で最も硬いとされているのです。しかし、モース硬度では、ひっかき傷の強さしかわかりません。そのため、叩いて割れるのかをモース硬度からは判断することができないのです。叩いて割れるのかを判断する指標としては、靭性が有効とされています。靭性とは、「破壊に対すると感受性・抵抗」を意味しており、簡単に言えば衝撃に強いのかを表しているのです。つまり、靭性が低いほど叩けば割れてしまうのです。実は、ダイヤモンドは靭性がそれほど高くありません。そのため、ダイヤモンドは思いっ切り叩けば割れてしまうのです。ちなみに、靭性が高い宝石としては、ルビーやサファイア、翡翠などが挙げられます。これらの宝石の方が、割れにくい宝石と言えるのです。

 

へき開面により割れやすい!

ダイヤモンドは、正八面体の結晶でできています。原子同士の結合が強いため、モース硬度が最高の10となっているのです。しかし、実はダイヤモンドには、八面体の一面のみに結合の緩い「へき開面」と呼ばれる面があります。そのため、このへき開面に対して強い力を加えることによって、ダイヤモンドは割れてしまうのです。つまり、へき開面があるからこそ、ダイヤモンドは割れやすいと言えるのです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの作り方!実は人工的に作り出せる

 

ダイヤモンドが割れるのを防ぐポイントとは?

ダイヤ買取 千葉県

すでに一部が欠けているのは危険!

ダイヤモンドを割れないようにするポイントは、一部でも欠けているダイヤモンドは使用しないことです。ダイヤモンドは、ぶつけたり落としたりすると、小さな傷や欠けが生じてしまいます。一部でも欠けているダイヤモンドは、そこからヒビが深くなっていくことがあります。場合によって、割れてしまうケースもあるため、一部でも欠けているダイヤモンドは、身に付けるのを控えるべきです。

 

宝石店で修繕も可能

小さな傷やヒビがある場合、宝石店に持ち込み修繕するのがおすすめです。どれほど気をつけていても、うっかり落としたり、ぶつけたりしてしまうことがあります。宝石店なら、割れていても修繕が可能の場合があります。早めに対処すれば、ヒビが深くなることを防ぐことが可能です。放置していると最悪割れてしまうため、傷やヒビを付けてしまった場合、まずは宝石店に持ち込み、修繕を依頼してみてください。ちなみに、宝石店では、超音波洗浄機によるクリーニングを依頼することができる場所もあります。

 

動くときには外す

基本的に、ダイヤモンドを割らないためには「ぶつけない」「落とさない」ということが重要です。それでは、ぶつけたり落としたりするのはどんなタイミングでしょうか。多くの場合、家事で動いていたり、力仕事をしたりしているときだと思います。そのため、できるだけ動くときには、ダイヤモンドを身に付けないようにしましょう。動き時には、事前に外すことが重要なのです。ただし、外したまま失くしてしまう方もいるため、ケースに入れるなど、外した後についても注意してください。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドは、自然界で最も硬いとされているのですが、ハンマーなどで叩けば割れてしまいます。ダイヤモンドが自然界で最も硬いのは事実なのですが、この硬さはひっかき傷への強さなのです。叩いて割れるのかは、靭性によって表すことができます。ダイヤモンドは、靭性がそれほど高くなく、意外と簡単に割れてしまうのです。しかも、ダイヤモンドは正八面体となっており、一面は「へき開面」と呼ばれています。このへき開面は結合が緩く、強い力が加わると割れてしまうのです。これらの理由から、世界一硬いとされているダイヤモンドは割れてしまうのです。そのため、ダイヤモンドを身に付けるときには、割れないように注意してください。基本的に「ぶつけない」「落とさない」ということが大事であり、動くときにはダイヤモンドを身に付けないようにするのがおすすめです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取