ダイヤモンドの等級・グレードについて紹介!

ダイヤモンドは高価な宝石で人気なのですが、その価値は4Cに左右されています。ダイヤモンドの4Cとは、カラット・カラー・クラリティ・カットのことであり、それぞれ等級・グレードが存在しているのです。そして、それらの等級・グレードがダイヤモンドの価値に大きく影響しているのです。等級・グレードが高いほど、ダイヤモンドの価値は高くなります。ちなみに、カラットとはダイヤモンドの「重さ」のことであり、カラーとは「色」のことです。また、クラリティはダイヤモンドの「透明度」のことであり、カットは「形状」のことです。ダイヤモンドを購入するときには、4Cの等級・グレードにも注目するようにしましょう。

 

 

 

ダイヤモンドの等級・グレードと「カラット」「カラー」

ダイヤモンド買取 東京都

カラットの等級・グレード

ダイヤモンドにとって、カラットは重要な要素となっています。4Cの中でも、価値に大きく影響しているのがダイヤモンドなのです。カラットの等級・グレードは、カラット数(単位:ct)にて表すことができます。1カラットは0.2グラムと決まっており、カラットからは重さがわかるのです。また、重さだけでなく、大きさについても、カラットから予測することができます。カラットは大きいほど価値が高くなります。しかも、カラットが2倍になったから価値も2倍になるわけではありません。カラット数が大きいダイヤモンドの希少価値は高くなるため、カラット数が2倍になれば、それ以上に価値が高くなるのが一般的なのです。

 

カラーの等級・グレード

ダイヤモンドのカラーには、「D」~「Z」までの全23の等級・グレードに分けられています。ダイヤモンドは無色透明なほど希少価値が高くなっており、「D」が無色透明の最高です。黄色味を帯びるに従い「Z」に近づいていき、価値が低くなっていきます。「D」~「F」の等級・グレードでは、無色扱いされており、プロの鑑定士でも判別するのが難しいです。「G」~「J」については、ほとんど無色なダイヤモンドとなっています。「K」~「Z」になると黄色味が帯びており、「Z」に近づくほど黄色が濃くなっていきます。ダイヤモンドを購入するときには、カラーの等級・グレードにも注目してみてください。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの値段をあらわす表とは!?

 

ダイヤモンドの等級・グレードと「クラリティ」「カット」

ダイヤ買取 東京都

クラリティの等級・グレード

ダイヤモンドのクラリティは、11段階の等級・グレードに分けられています。最高グレードから順番に、「FL」「IF」「VVS1」「VVS2」「VS1」「VS2」「SI1」「SI2」「I1」「I2」「I3」となっています。クラリティは、鑑定士がダイヤモンドを10倍に拡大検査して、インクルージョン(内包物)の有無・位置・大きさなどを評価し、上記の11等級・グレードに分類しているのです。「FL」「IF」は、10倍に拡大しても内包物がほとんど見つかりません。「VVS1」「VVS2」は、10倍に拡大しても内包物の発見が難しいダイヤモンドです。「VS1」「VS2:は、10倍の拡大で発見が多少困難であり、「SI1」「SI2」は10倍の拡大で容易に内包物を発見することができます。そして、「I1」「I2」「I3」は肉眼でも内包物が簡単に発見することができるダイヤモンドとなっています。

 

カットの等級・グレード

ダイヤモンドにとってカットは、唯一人間の技術の介入をすることができる領域となっています。高い技術でカットされたダイヤモンドは、美しい輝きを放ちます。そんなダイヤモンドのカットですが、等級・グレードは5つに分類することが可能です。等級・グレードが高い順に「Excellent(エクセレント)」「VeryGood(ベリーグッド)」「Good(グッド)」「Fair(フェアー)」「Poor(プワー)」となっています。やはり、「Excellent」に近づくほど、ダイヤモンドの輝きが素晴らしいです。結婚指輪など特別なジュエリーにダイヤモンドを選ぶ際には、「Excellent」を選択するのがおすすめです。ちなみに最近では、「Excellent」の中でさらに優れているものを「3-Excellent(トリプルエクセレント)」と表記しているケースもあります。いずれにしても、ダイヤモンドにとって輝きは『命』と言っても過言ではありません。それだけに、カットの等級・グレードはとても重要なのです。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドの価値は、4Cが大きく影響しています。そして、4Cは各要素とも等級・グレードが存在しているのです。カラットはダイヤモンドの重さを表しており、カラット数が大きいほど価値が高くなります。カラーは「D」~「Z」までの全23の等級・グレードに分類が可能です。クラリティは、「FL」~「I3」の全11の等級・グレードに分類されており、カットは「Excellent」~「Poor」の全5の等級・グレードとなっています。それぞれの要素とも、最高等級・グレードと最低等級・グレードでは価値やダイヤモンドの美しさが大きく違います。そのため、ダイヤモンドを購入するときには、4Cの等級・グレードに注目してみてください。そして、お気に入りのダイヤモンドを手に入れるようにしましょう。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取