赤珊瑚のネックレスを高額買取しました。

こんにちは。今回は珊瑚についてご紹介していきましょう。

 

さて、珊瑚には様々な種類がございます。

 

今回お話しするのは宝飾珊瑚になりますが、赤珊瑚、桃珊瑚、白珊瑚、黒珊瑚とこれだけ種類がございます。

 

ちなみに祖母から頂いた物のようで、本人は珊瑚ということを知らなく持ってこられました。

 

一回も使っていないそうです。

 

宝飾珊瑚の中で一番価値が高いのが赤珊瑚です。

 

さてさて、今回おもちいただいたのはなんとその赤珊瑚のネックレスだったのです。

 

 

玉がいっぱいついている赤珊瑚のネックレスですね。

 

 

 

 

 

赤珊瑚の査定ポイント

カラー

ではまず最初に赤珊瑚についての査定のポイントになりますが、色味(カラー)になります。

 

 

宝石珊瑚の色調は広く、赤珊瑚の中でも最高級品とされているのが血赤珊瑚と呼ばれているものです。

 

赤黒く血のような色をしております。

 

今回の品は血赤とまではいきませんが、色むらも少なく綺麗な赤珊瑚でした。

 

 

 

次に見るべきポイントは「フ」と呼ばれているものです。

 

 

人間でいう骨の部分にあたります。

 

色むらがないほど価値が高いとされているので、丸玉であればそこに穴をあけてめだたなくしたりします

 

この上記の写真のように、くぼみがあったり、傷があるものは価値が低くなります。

 

ですが天然の珊瑚は自然界でつくられるので、表面に傷や凹凸ができてしまいます。

 

こういった欠点が少ない珊瑚が価値が高くなるんですよね。

 

 

 

大きさ

そして価値が高いという点で大切なのが大きさ。

 

丸玉であれば直径の大きさによって価値が変わってくるんですよ。

 

なぜだかわかりますか??

 

まずは赤珊瑚自体に大きく太い幹が少なく希少であるということ

 

大きい玉を作るには枝先では作ることができず、根本の一番太いところを使わなくてはいけないという点です

 

なので直径15mmを越えてくる丸玉の赤珊瑚は市場で大変高価で取引をされているんですよ。

 

大きさ、色味(カラー)、「フ」や傷やくぼみの状態の総合評価でお値段がでるのですが・・・

 

なんとラフテルでは今回の赤珊瑚のネックレスに¥15,000つけさせていただきました。

 

おそらく他店でこの金額は出ないと思います。

 

宝石の問屋街の御徒町でやっているラフテルだからこその独自の宝石のルートがあるんですよ。

 

お値段もですが、使わなくていらなかった物がお値段ついたことに、お客様は大変喜ばれておりました。

 

 

 

 

 

ラフテルでの査定

赤珊瑚以外の珊瑚も、ネックレスだけではなくブローチや原木などもラフテルでは高価買取しております。

 

今までにもラフテルでは様々な珊瑚を買取しています。

 

正確な査定により、リピーターのお客様もいらっしゃるほど、満足いただけることが多くなっております。

 

使われなくなった珊瑚がございましたら、一度ラフテルの無料査定をご利用くださいませ。

 

お待ちしております。

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取