ダイヤモンドの宝石言葉とは?理由を知れば納得!

結婚指輪に使用されるなど、美しい輝きを放つダイヤモンド。高価な宝石として有名であり、憧れている方も多いでしょう。そんなダイヤモンドには、宝石言葉が存在しています。ダイヤモンドの宝石言葉はいくつかあります。代表的なダイヤモンドの宝石言葉は、「純潔」「清浄無垢」「永遠の絆」「変わらぬ愛」などです。基本的に、これらの宝石言葉はダイヤモンドの特徴が由来となっています。ダイヤモンドの特徴と言えば、美しい輝きと硬度です。この2点から、ダイヤモンドの宝石言葉はつけられています。ダイヤモンドを購入するときには、ダイヤモンドの宝石言葉も気にしてみてください。ちなみに、ダイヤモンドは4月の誕生石としても有名です。

 

 

 

ダイヤモンドの宝石言葉とその理由!

ダイヤ買取 東京都

「純潔」「清浄無垢」の理由!

ダイヤモンドの宝石言葉には、「純潔」「清浄無垢」があります。これらの宝石言葉がつけられた理由は、美しい輝きや透明度の高さからだとされています。ダイヤモンドの屈折率は2.42と高く、内部で全反射が起こりやすく、とても美しい輝きを放つのが特徴です。しかも、ダイヤモンドのカットの主流であるブリリアントカットにより、輝きが増して神々しいほどの美しさを持っています。この美しさから転じて、「純潔」「清浄無垢」などの宝石言葉がつけられたとされているのです。確かに、ダイヤモンドの美しさは純粋無垢なものであり、汚れをしらない「純潔」「清浄無垢」という言葉が似合います。

 

「永遠の絆」「変わらぬ愛」の理由!

ダイヤモンドの宝石言葉には、「永遠の絆」「変わらぬ愛」もあります。これらの宝石言葉がつけられた理由は、ダイヤモンドの硬度によるものです。ダイヤモンドは、世界一硬い石として有名です。実際に、モース硬度は最高の10であり、自然界で一番硬い物質とされています。「最も硬い」=「壊れない」というイメージになり、転じて「永遠の絆」や「変わらぬ愛」などの宝石言葉がつけられたとされているのです。ダイヤモンドのイメージと「永遠の絆」「変わらぬ愛」はピッタリであり、理由についても納得できるのではないでしょうか。

 

ダイヤモンドの宝石言葉以外の意味とは?

実は、ダイヤモンドには宝石言葉以外にも意味があります。なかでも有名なのが、「悪縁を断ち切る」「恋人が病気にならない」などです。これらは、ダイヤモンドの硬さが由来とされており、ダイヤモンドがパワーを与えてくれると思われているのです。さらに、「困難に立ち向かう」「夢に向かって取り組み」などの意味を持っているとされています。古くから硬い宝石として知られているダイヤモンドだけに、様々な意味を持たされているのでしょう。いずれにしても、ダイヤモンドの宝石言葉や意味はプラスのものばかりなので、身に付ければプラスのパワーをもらうことができるかもしれません。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの価値はカラットで決まる!?

 

ダイヤモンドの宝石言葉と結婚指輪に使用する理由!

ダイヤ 買取

ダイヤモンドは結婚指輪にピッタリ!

宝石言葉を考えれば、結婚指輪にダイヤモンドを選ぶ理由がわかります。とくに、「永遠の絆」という宝石言葉は、結婚にピッタリではないでしょうか。しかも、古くからダイヤモンドは、「輝くような美と金運に恵まれ、愛に溢れた家庭を築ける」と信じられています。このことも、結婚指輪にダイヤモンドを選ぶ理由となっているようです。どちらにしても、ダイヤモンドには、「2人の愛が永遠に続く」という願いが込められているのです。ぜひ、結婚するときには、結婚指輪にダイヤモンドを選んでみてください。

 

結婚60周年はダイヤモンド婚式!

ダイヤモンドは結婚指輪として有名ですが、ダイヤモンドと結婚の関係はもう1つあります。それが「ダイヤモンド婚式」です。ダイヤモンド婚式とは、結婚60周年の節目の結婚記念日のことです。25周年の「銀婚式」や50周年の「金婚式」が有名ですが、実は60周年はダイヤモンド婚式となっているのです。ダイヤモンド婚式と呼ばれる理由は、やはりダイヤモンドの特徴にあります。世界で一番硬いとされているダイヤモンドだけに、「夫婦間の絆の硬さ」と掛けて、60周年の結婚記念日をダイヤモンド婚式としているのです。ダイヤモンド婚式には、ダイヤモンドのジュエリーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

ダイヤモンドには、いくつか宝石言葉があります。代表的な宝石言葉は、「純潔」「清浄無垢」「永遠の絆」「変わらぬ愛」などが挙げられます。これらは、ダイヤモンドの特徴が由来です。「純潔」「清浄無垢」については、ダイヤモンドの美しい輝きや透明度が由来となっており、「永遠の絆」「変わらぬ愛」は、ダイヤモンドの硬度が由来となっています。また、これらのダイヤモンドの宝石言葉から、ダイヤモンドが結婚指輪に使われる理由も納得です。さらに、結婚60周年は「ダイヤモンド婚式」と呼ばれています。結婚60周年のダイヤモンド婚式には、ダイヤモンドのジュエリーをプレゼントするのがおすすめです。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取