ダイヤモンドの価値はカラットで決まる?

ダイヤモンドを詳しく知らない方でも「カラット」という単位は聞いた事があるのではないでしょうか。

ダイヤモンドは「カラット」で値段が変わる!そういう知識だけで購入を考える方も多くいます。

ではこの「カラット」とはどういう単位なのか、ダイヤモンドの価値を決めるのはどういう所なのかなどを知らずに購入を控えてる方々もいるのではないでしょうか。初心者でも実は手軽に購入出来るかもしれないダイヤモンドの基礎知識「カラット」を主として紹介していきましょう。

これであなたもモテる男性の仲間入りかもしれません。

 

カラットは重さの単位!

ダイヤモンド 価値

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「カラット」と言うと大多数の人が宝石の大きさを表す単位と答える方がいます。「大きさ」と言う表現だけだと半分正解で半分間違いとなります。正しくは宝石の「重さ」を表す単位になります。

1カラット0.2グラムと言われており、カラット数が大きくなればなる程直径は大きくなり、ダイヤモンドは大粒になっていきます。

因みにカラットとはctと単位で表記します。

芸能人の方々が付けている大粒の指輪は一体何ctなんでしょう。

大きなダイヤモンドを少しでも買うにはどうしたらいいかなども知っていけると役に立ちますね。

 

 

ダイヤモンドの価値を決める4Cとは?

ダイヤモンドの価値を決めるのは「カラット」だけでなく、「4C」と言われる4つのCで決まると言われています。

では「Caratカラット」以外の3つのCは何かを説明して行きましょう。

 

2つ目は「Colorカラー」色合いです。大きさがあっても勿論価値は上がりますが、それだけでなく、色合いが綺麗な物は評価もあがります。

 

3つ目は「Clarityクラリティー」透明度です。パッと見ただけでは分かりにくいのですが、くすみなどが無く、透明度が高いものは評価があがります。

 

4つ目が「Cutカット」ダイヤモンドのカットバランスを表すものです。形の均一性などが評価の対象になります。

 

以上4つのCの指標が高いものほど価値が上がると言われています。

どれか1つが欠けていても、そのダイヤモンドのベストの評価とはならない事になります。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドのジュエリーに合う素材とは?

 

大きなダイヤモンドを低価格で手に入れるには?

ダイヤモンドは大きければ大きいほど値段は跳ね上がります。

ダイヤモンドを身につけるに当たって大きさと言うのは、身につける人の好みになりますが、低予算で大きいダイヤモンドを購入したいのであれば単純に4Cの「カラット」以外の評価が低いものを選ぶことです。

低予算と言っても相場などもあるので、驚きの安価なものはありませんが、大きさだけを重視するのであればそういった選び方も良いと思います。

 

また、購入する際に後の買取に出すことを考えて購入する方は、多少無理をしても大きいダイヤモンドを選ぶ方もいます。

いつか不必要になった際の為にも価値を求めて購入するのも良いと思います。

 

 

婚約指輪等の平均的な大きさは!?

一生に1度の大切なパートナーへの婚約指輪。

どうせなら大きなダイヤモンドをプレゼントしたい!だけど、予算も限らてる…という男性も多いのではないでしょうか。

婚約指輪でパートナーが喜ぶダイヤモンドの大きさと言うと、女性の好みになってしまう為一概に言えないのが実情です。

 

では、世の男性は平均でどれくらいの大きさのものをプレゼントしているかというと、ズバリ0.2ctから0.5ct未満の物です。

1ctが大体0.2gと言われており、大きさで言うと平均6.5mmと言われています。それに対して0.2ctとは約3.8mmの大きさになります。

ちょっと小さいのでは?と思う男性もいるかもしれませんが、指輪として渡すのであればちょうど良い大きさでもあり、尚且つダイヤモンド以外の装飾も合わせた指輪もあるので、財布と相談つつ、好みの指輪を選ぶ事をオススメ致します。

 

 

最後に大切なのはお互いの気持ち

ダイヤモンドの指輪は極論を言ってしまえばただの装飾品でしかありません。

ダイヤモンドの大きさが男性の気持ちの大きさ…等と言うことは一切ありませんので、カラット数に惑わされないようにしてください。

普段お金が無いと困っている彼が彼女に内緒でコツコツお金を貯めて小さいダイヤモンドの指輪をプレゼントしてくれただけでも女性は感動します。

最後に大切になるのはお互いの気持ちです。

相手の事を思い、一生懸命選び抜き、一生懸命お金を貯めて購入した指輪はダイヤモンドの大きさに関わらず二人の気持ちを近付ける事間違いないでしょう。

そんな暖かい気持ちでプレゼントし合える関係を築く事の方が大切です。

 

 

まとめ

普段ダイヤモンドという宝石の名前は身近で聞いていても分からないことだらけの事の方が多いのではないでしょうか。

「ダイヤモンドは高価だから、一般人には買えない!」と初めから諦めずに、知識を付けることで賢い購入方法がある事を知って言ってください。

彼女に内緒で知識を付け、とっておきの時にプレゼントすることで、あなたに魅了される事間違いないでしょう。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取