MENU

買取・査定のお申し込み

  • 0120-576-250 営業時間 平日 9:00—18:00
  • メールでの査定・買取
  • LINE査定
    • 宅配買取
    • 出張買取
    • 店頭買取

閉じる

切手・中国切手の買取について

HOME > 切手・中国切手の買取について

高価買取実績

  • 日本の切手

    買取価格¥7,628

    日本の切手

  • 日本の切手

    買取価格¥48,700

    日本の切手

  • 日本の切手

    買取価格¥36,690

    日本の切手

  • 日本の切手

    買取価格¥221,470

    日本切手

ラフテルが切手・中国切手買取で選ばれる理由

  • 豊富な買取実績 買取実績 1000件超!
  • 圧倒的高価買取 最高買取金額 213万円!
  • 圧倒的満足度 買取成約率 98%!

キズや汚れ、訳ありのお品物・・・買取出来ます

  • 折れ

  • 日焼け

  • 中国切手に限り消印OK

  • 外枠の切れ

※国内の切手は折れていたり、多少の汚れが付いていても減額にはなりませんのでご安心下さい。
※シートの外枠の切れはバラ扱いになる場合がございますのでご注意下さい。

※中国切手の場合、状態により買取額が下がる場合があります。

中国切手の種類

一言で切手と言っても、その種類は色々ありますが、切手を幾つかに分類すると、記念切手、特殊切手、普通切手、年賀切手等の種類に分けることが出来ます。

 

どの切手も、基本的には切手買取りが可能になりますが、切手買取りにおける評価と言うのは、発行枚数が少なく、希少価値が高いものほど、切手買取りにおける評価は高くなります。

記念切手と言うのは、何らかの記念を記して発行されたものであり、郵便局で常に購入が出来る普通切手とは異なり、予め発行枚数が定められているのが特徴です。

 

切手ブームの時代は、切手が発行される当日と言うのは、郵便居が開く前から人が並んで切手を購入したものです。

また、記念切手などが発行されると、当日もしくは短期間で切手が完売されるという事が起きていた時代も有ります。

現在では、切手ブームも去り、昔のように直ぐに完売するという事は在りませんが、色合いが綺麗な物や珍しいデザインやシリーズ物の切手と言うのは未だに人気が有ります。

 

これらは郵便物に貼りつけて利用するものや、今でも切手収集を行っている人などが買い求めています。

プレミアム中国切手

発行枚数やデザイン、時代背景、人気などから、額面よりも大幅に

買取額が上がっている切手です。

中国切手 普通切手

通常の中国切手です。

日本のバラ切手と同じように額面から計算し、買取額を計算します。

中国切手シート

普通切手、プレミアム切手、共に数枚~の連刷となっています。

赤猿(子ザル)のシートは1枚で一千万円を超える買取額が付いています。

中国切手 小型シート

普通切手より一回り大きく、記念などで印刷された物が多いです。

高額なプレミアム小型シートも多数存在しています。

中国切手の価値とは

昔から芸術性の高さや希少価値から高価で取引されてきている中国切手ですが、特に近年、「投資対象」や「コレクション」として注目を集めています。

 

中国切手の価値は、文化大革命時代に発行されたものが高価な品物となります。 文化大革命時代のものにはプレミア切手というものがあり、額面を大幅に超えた高価な金額で売却ができる切手があります。

 

その他にも、発行時に何かしらの問題があり、すぐに発行停止になった中国切手など流通している枚数が少ないものは特別高価となっています。 中国切手に不動の人気はとても強く、中国経済が下落しない限り人気は保ち続けるとも言われています。

 

そんな中、オークションなどで取引ができるようになった今、「コレクター」という存在が大きく目立っています。このコレクターはその分野だけを特化してコレクション(収集)している人のことで高価な中国切手にも関わらずその品物を所持するために大金を掛け、コレクションしています。

 

このような熱狂的なファンも後を絶たないため、不動の人気があると言えます。

 

お土産品などで中国切手を所持している方はもしかしたらプレミア切手となっている場合もあるので一度、買取業者に査定をしてもらうと思わぬ金額になる可能性があります。 買取業者も中国切手には力を入れており、様々な知識を持っています。高額になる中国切手を所持しているのは買取業者またはコレクターが多いかと考えられます。

中国切手のメンテナンス方法

中国切手はとても繊細な紙で作られており、常にメンテナンスを心掛けることが大切になります。

「メンテナンス=何かをする」という考え方ではなく、「高価買取をしてもらうために何かをしておく」という考え方となります。

中国切手を取り扱うために、しておくべきことはとにかく中国切手に外部的なダメージを与えないことです。上記で記したように中国切手はとても繊細な紙で作られており、日本の切手より紙質が薄く破れやすかったり、折れやすいなどのダメージを受けやすいです。

メンテナンスの方法としては中国切手を極力触らないようにすることが一番重要となります。

触らなくてはいけない場合は素手で触るのではなく、ピンセットを使うなどをして可能な限り中国切手へのダメージを少なくする必要があります。

ピンセットを使うのにも強く握らないことを心掛け、触るようにしましょう。

メンテナンスにおいての注意点

中国切手はとても繊細な紙で作られているので中国切手を所持した際には、注意しなくてはならないことが沢山あります。 まず、素手で中国切手を雑に扱わないことです。移動をするときなどはピンセットを使い、軽くつまんであげるような感覚で触ることが必要となります。

 

折れや破れをなくすためにも過度な接触は避けるべきです。しっかりとストックリーフに保管をすることや、ストックリーフが用意できない場合は小さい袋などに折れないように入れて保管する必要があります。 ストックリーフや袋に入れる際にも細心の注意を払い、丁寧に折れないように収納しましょう。 このような小さな注意点が買取価格へ大きな変動を起こします。

 

少しの折れや破けがあるだけで中国切手は大きく減額してしまうのでメンテナンスを行う際にも高額な品物を扱っているという心意気で取り組みましょう。

 

中国切手の保存の仕方

中国切手のメンテナンスは上記の通りとても慎重に行わなくてはいけない作業となりますが、メンテナンス以上に大切になるのがこの保管方法となります。

 

なぜ綺麗に保管するべきなのか

→切手は薄い紙に印刷されたものでとても繊細です。特に、中国切手の中でも価値があるのは、製紙技術や印刷技術があまり高くなかった時代のものなのです。中国では古い切手が残っていたとしても、ほとんどが保管方法が悪かったために、印刷が薄れたり、紙が虫にくわれたりしてしまっています。

 

中国切手を正しい保管方法で保存するのは、その価値を保つことはもとより、中国切手ならではの美しさを鑑賞するためにも大切なこと。切手は湿気に弱いので、湿気を避ける保管方法が必要です。保管方法が正しいかどうかで、中国切手の価値も変わってくるのです。

 

どのように取り扱うべきか

古い中国切手はあまりいい紙を使っていないということから、粗末な扱い方をするのは禁物です。また、人間の指のわずかな皮脂でも切手についてしまうと変色の原因になるので、かならず切手用のピンセットを使うようにしましょう。

 

また、最初から正しい保存方法をしているコレクション(切手)は、あまり取り出さず、そのまま鑑賞するのがいいでしょう。せっかくの高価な中国切手を傷めない為にも、取り扱うときや鑑賞するときは、部屋の湿気を低くすることや、直射日光が入らないように気を付けることも大切な保管のポイントとなってきます。

 

切手の保管方法は?

さて、重要である切手の保管方法についてご紹介致します。 中国切手は、日本の切手よりも傷みやすいですから、保管方法は日本の切手以上に気遣いが必要です。中国切手を傷めずに保管するには、まず一枚一枚切って保護フィルムに入れてから、ストックリーフに保管します。

 

ストックリーフは様々なポケットサイズがあるので、縦長のものでも横長のものでも切手全体をしっかりカバーしてくれます。また、切手を入れたストックリーフ自体の置き場所も重要です。湿気を避けるとともに、虫がつかないように、日が差さない戸棚の高い位置に置いて、湿気取りや備長炭などを一緒に入れておくのがよいでしょう。

 

その他にもボストークと言われる綺麗に収納ができるブックもあります。※ストックリーフ、ボストークとは、切手を綺麗に保管するための道具です。 一般的にはストックブック等、本の形をしているものが多いです。

 

このように中国切手の保管方法は手間となりますが、買取価格を高くするために絶対に必要になることとなります。 保管方法が少し違うだけで思わぬ変化が起こってしまう可能性もあります。 「きっと大丈夫」、「少しの変化ならばれない」などの安易な考えが買取価格を大きく下げてしまいます。

中国切手を汚してしまった時の対処方法

中国切手は簡単に汚れます。折れや破けも簡単に起こります。

中国切手に外傷を与えずとも中国切手は汚れていくものですので、例えば、何かをこぼしてしまった時などは、すぐ拭き、乾かしてあげることが重要となります。

拭く場合も、擦るのではなく優しく叩いて水分を取り除いてあげましょう。乾かす場合もドライヤーの弱風などで時間を掛けて乾かしていきます。

無事、中国切手の水分が取れ、乾いた後はすぐに保護フィルムに入れるなどをして今後それ以上汚すことのないように心がけましょう。

汚してしまったことによって買取価格は減額されてしまいますが、すぐに対処を行った中国切手と対処を行っていない中国切手の買取価格には雲泥の差があります。

ですので、汚してしまった場合は自分でできる限りの対処を早急に行い、元の状態に近くしておくことが大切となっています。

中国切手を汚してしまった時の対処方法

私たちラフテルは中国切手の取扱いにとても細心な注意を心掛けています。

高価な品物はどんなものがあるのかという知識を持っているため、そのような高額な中国切手には特に細心の注意を心掛けています。
ラフテルでは買取させていただいた中国切手を保管するために以下の保管方法を実用しています。

  1. 直ちに切手専用の保護フィルムにピンセットを使い収納
  2. 保護フィルムに収納された中国切手をボストークに収納
  3. 日が差さない棚の上部に保管
  4. 保管している間市販の湿気取りを近場に配置
  5. 定期的に中国切手の状態の確認

 


の5つの作業を行っております。
この5つの作業をすることによって、中国切手の繊細な紙質を守る努力をしています。

 ※ボストーク

 

皆様も、面倒かとは思いますが、買取価格をより多く上げるために上記の5つもしくは①、②、③、⑤の4つの作業だけでもこなしていると良質な状態で保存されるため、いざ売却をするとい場合には悪い保存方法をしている中国切手よりは確実に高額で売却できると考えられます。

切手の豆知識

国内において初めて発行された記念切手と言うのは明治銀婚をお祝いを行った切手です。

これは、1894年3月9日に発行されたもので、赤色と青色のデザインの2種類が発行されました。

この切手の額面と言うのは、赤色が2銭、青色が5銭で、赤色の発行枚数は1480万枚、青色の発行枚数は100万枚となります。

 

また、この時代の後には関東大震災や戦争などが有りましたので、これらの震災や戦争などにより切手が消失している事も有りますので、これらの切手は非常に希少性が高いと言えます。

 

切手も時代とともに印刷技術が進化し、徐々に色合いが鮮やかになっており、その時代を象徴すると言えるのです。

関連記事

 

中国切手カタログって何?

 

中国切手の偽物はどれくらい出回っているのか?

 

赤猿(子ザル)の偽物の見分け方

 

中国切手は、こんなに高い?!中国切手を高額買取してもらう方法

 

中国切手 毛沢東はどれくらいの価値があるのか?

 

実際の買取額はいくら? 中国切手の種類と買取額

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

買取・査定のお申し込み

0120-576-250

LINE査定

メールで査定・相談する

  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取