結婚指輪にダイヤを入れる時の大きさは?

ダイヤモンドの婚約指輪はみなさんおなじみかと思いますが、結婚指輪にもダイヤモンドを入れる方が増えています。婚約指輪と違い毎日身につけるのが結婚指輪ですが、どのような形でダイヤモンドを入れているのか、そしてどのくらいの大きさのダイヤモンドなのか調べてみました。

 

 

 

結婚指輪にダイヤを使うようになったのは?その大きさは?

ダイヤモンドの婚約指輪はそのデザインにもよりますが、基本毎日つけるものというよりもお出かけやおめでたい席、パーティなどの華やかな場所など、オフィシャルな場所で使う機会が多い指輪です。普段使いの指輪にするのはやはり控える方が多いですね。

 

しかし結婚指輪はほとんどの方が毎日身につけており、中には眠る時にもつけたままという方もいらっしゃるでしょう。

そしてその結婚指輪にもダイヤモンドを入れるデザインが大変人気です。女性はもちろん男性の方でも、一粒きらりとポイントになるように使う事もあり、ダイヤモンドの大きさもデザインによってさまざまなサイズになっています。

 

 

 

結婚指輪に使うダイヤは小さいもの?

ダイヤモンド 結婚指輪

婚約指輪に使われる一般的な立て爪に入れるダイヤモンドに比べると、結婚指輪のダイヤモンドは小さいサイズのものになるでしょう。

おおまかなデザインの傾向としては、表の面はシンプルなかまぼこ形にして、裏側のイニシャルや記念日を彫り込む場所の隣にダイヤモンドを埋め込むもの。

または表面にデザインを入れて、その中にポイントになるようにダイヤモンドを使うもの。もしくはダイヤモンドを中心にデザインしたもの、とさまざまな結婚指輪があります。

 

最近ではカップルお二人でオリジナルデザインをオーダーする方も増えており、ダイヤモンドを始め、他の宝石も気軽に使う方も多いとか。毎日身につける結婚指輪だからこそ、こだわりのダイヤモンドや宝石をあしらうというのもとても素敵ですね。

 

結婚指輪にダイヤを入れて、その大きさに後悔はない?

ダイヤモンドは特別な宝石なので、毎日使う結婚指輪に入れるのは少し心配という方もいらっしゃるようです。

婚約指輪のダイヤモンドはやはり大きめの立て爪ダイヤモンドのイメージが強く、かなめとなるダイヤモンドがあまりに小さいと後悔する、という声もよく聞かれますが、結婚指輪に入れたダイヤモンドの大きさは、みなさん満足されている方が多いようです。

 

たまにダイヤモンドの状態をチェックしてあげないと、ポロリとダイヤモンドが外れてしまったり、デザインによってはほんの少し飛び出してしまったダイヤモンドの角に、ニットの洋服をひっかけてしまった、という後悔の声は聞こえてきます。

あまり大きいダイヤモンドを入れるとこのようなアクシデントも起きやすくなりますから、結婚指輪に使うダイヤモンドのサイズはやや小さめな方が良いのかもしれないですね。

 

 

 

婚約指輪と結婚指輪とのダイヤの大きさを比較してみました

ダイヤモンド 結婚指輪

一般的に婚約指輪に使われるダイヤモンドの大きさは、0.3カラットから0.5カラットが中心と言われています。やはりそれ以上のカラット数となると価格がぐんとはねあがり、新婚生活のさまざまな準備にかける予算の中では厳しいという声も多くあります。

 

結婚指輪に入れるダイヤモンドの大きさは、婚約指輪と比較すると小さいサイズのものが多く、0.1カラット前後、もしくはさらに小さいメレダイヤモンドが主流です。

やはり日常生活で家事などの妨げにならないようにダイヤモンドをあしらうことが多いため、あまり大きなカラット数のダイヤモンドは使わないようです。

 

ダイヤモンドはその大きさ、カラットが非常に気になるところではありますが、ダイヤモンドの品質を保証する「4C」という国際基準では、他にもカラー、クラリティ、カットの項目を評価し、カラットと合わせた4項目での鑑定となっています。

結婚指輪に使うダイヤモンドは日々の生活を考えると、あまり高品質にこだわる必要はないのかもしれないですね。

 

 

 

ダイヤの大きさを実物大で比較するとどれくらい?

結婚指輪に使われるダイヤモンドが0.1カラットとすると、見た目の大きさはだいたい3ミリぐらいの直径になります。毎日使う結婚指輪に入れるとなると、それでもなかなかボリュームのある大きさですね。

 

ダイヤモンドを一粒だけ使うデザインの他に、結婚指輪の表面にライン状に並べるエタニティリングのデザインも人気です。この場合は同じ大きさのダイヤモンドを並べるほかに、サイズが小さいものから大きいものへと、グラデーションを描くように配置するデザインもあり、指がほっそりと長く見える効果もあるのでオススメです。このデザインだとダイヤモンドも複数使うことができるので華やかに見えて嬉しいですね。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?婚約指輪ではなく結婚指輪にダイヤモンドを使う場合について考えてみました。毎日使う結婚指輪にもダイヤモンドが入っているのは、とても嬉しいものです。これから結婚指輪の購入を考える方はぜひ検討してみてくださいね。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

 

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取