手入れ次第で輝きが変わる!ダイヤモンドの手入れ方法を徹底解説

ダイヤモンドをプレゼントしてもらったり、自分で好きで購入しても手入れ方法がわからないと、せっかくのダイヤモンドが傷が付いてしまったり、輝きが無くなってしまいます。

そうならないためにも日頃の手入れが大事になってくるのではないでしょうか。

今回はダイヤモンドの手入れ方法を紹介していきます。

 

 

 

ダイヤモンドの特徴

ダイヤモンド 買取

熱や酸・アルカリに強い

耐熱性や耐酸性、対アルカリ性は宝石の中でも一番優れているといわれています。燃焼温度は空気中では750度から800度で表面の石墨化が始まります。

 

 

ダイヤモンドの硬度

ダイヤモンドは世界一硬い鉱物といわれていますが、劈開性と言われるものがあるために、ある方向に力が加わると剥がれるように割れてしまうのが特徴です。実際にはダイヤモンドは割れることも、欠けることもあることを理解しましょう。

 

 

油が付きやすい性質

ダイヤモンドは油が付きやすい親油性です。皮脂や、化粧品などの油分などで簡単に石が曇ってしまうために、日頃の手入れが大切になってきます。

 

 

 

自宅で手入れするには

では、ダイヤモンドアクセサリーを自宅で手入れするにはどうしたら良いのでしょうか。

そのやり方を紹介しましょう。

そもそもダイヤモンドは強く硬い性質を持っているため、ある程度力強く自分自身で手入れすることができます。

 

 

手入れ方法

1.ぬるま湯に中性洗剤をいれる

2.その中にダイヤモンドアクセサリーを入れ、汚れを浮き立たせる

3.台座や隙間などを歯ブラシを用いて汚れを取る

4.水かぬるま湯で濯ぐ

 

以上の手順で洗うことが出来ます。

最初にも話しましたが、ダイヤモンドは様々な物に強く、硬度も高いため、怖がらずに汚れている部分を綺麗にする事ができます。

 

合わせて読みたい→

 

保管方法は!?

では、綺麗に手入れしていても保管方法はどうすれば良いのでしょうか。ここでは保管方法を紹介していきます。

ダイヤモンドは他の宝石に比べると硬度が高いため、他の宝石や貴金属などを傷つけてしまう恐れがあります。保管の際には他の宝石とぶつかり合わないように保管しましょう。

他にも一方向からの力が重なると剥がれ落ちてしまう特性があるため、ダイヤモンド自体にも力が加わったりと言ったことがないようにケースにいれたり、柔らかい布に包んで保管することをお勧めします。

 

 

自宅以外での手入れ方法

自宅でのセルフの手入れ方法以外にも外注に出して手入れする方法がありますので紹介していきます。

 

 

超音波洗浄

超音波洗浄はその名の通り超音波を使って洗浄する方法です。

ブラシなどでは届かない細かい部分の掃除に適しています。

 

 

定期点検

爪が緩んだりした際に大切な宝石が落ちてしまったりする事もあります。

ある程度はセルフで手入れしたり外注に出して手入れする事も大切ですが、半年に1回や1年に1回は購入店や正規取扱店に定期点検にだし、緩んでる部分が無いか等の点検や、クリーニングをしてもらう事をお勧めします。

 

【関連リンク】

ダイヤモンドの価値はカラットで決まる?

ダイヤモンドのさまざまな種類と用途をご紹介

ダイヤモンドの重さはカラットでわかる!

 

 

ダイヤモンドの品質を維持する為に

ダイヤモンドを購入し、自分で持ったり、プレゼントする事は男性にとっても、女性にとってもステータスとなってきました。

ですが、貰ったら貰いっぱなし、使ったら使いっぱなしというのはせっかくのダイヤモンドの価値を下げてしまうことになってしまいます。

ダイヤモンドの品質を維持するためにも手入れ方法は勿論ですが、ある程度のダイヤモンドの知識を付け、状態をチェックする必要があります。

 

 

 

ダイヤモンドの4Cを自分でもチェックする

ダイヤモンドの品質を表す4Cを自分でもある程度チェックできるようにするのも良いことかも知れません。

勿論査定をする訳ではなく、自分の持っているダイヤモンドの品質チェックの為なので、プロの様な見極めを必要としなさいという難しいことを言ってる訳ではありません。ではチェック項目は、まずカラットです。自分の持っているダイヤモンドの重さをきちんと認識していましょう。

次にカラーです。カラーは色合いを表しており、グレードの高いダイヤモンドになればなるほど無色透明です。自分のダイヤモンドは何色でしょうか。購入した時よりも色がついてないかチェックしましょう。

続いてカットです。自分の持っているダイヤモンドはなんと言うカットの物かを認識しましょう。

カットによって光の入り方や出方が変わってくるために、輝き方も変わってきます。ダイヤモンドに光を入れて輝き方をチェックしましょう。

最後にクラリティです。クラリティは透明度を表しています。ダイヤモンドは元々採掘の際についてしまった傷や内容物が含まれている物もあります。それ以外にも使用していての傷が新たに付いてしまっている恐れもあります。セルフチェックで、新たな傷が無いか等もちぇっくするようにしましょう。

 

【関連リンク】

ダイヤモンド買取に悩む時には口コミが大事って本当なの?

ダイヤモンドの品質の良いブランドを紹介

 

 

まとめ

ダイヤモンドの状態を自らチェックする事は品質の維持をする為にとても重要になってきます。

大切に扱うことで買取に出した際にも自分自身が納得する買取価格に近付けるため、日頃の手入れなどを入念にするように心掛けましょう。

 

合わせて読みたい→ダイヤモンドの買取価格がアップ!適正査定のラフテル

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取