赤珊瑚の買取価格はいくら!?

様々なアクセサリーがある中でも「買取」と聞いて思い付くのがダイヤモンドや金などではないでしょうか。

珊瑚リング」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いと思います。

そんな方々の為に珊瑚リングの買取についての説明をしていきたいと思います。

 

直径10mmの珊瑚リングの買取相場は20,000円

珊瑚買取 リング

まず、珊瑚リングの買取について説明するのに一番わかりやすい、実際にお客様が買取依頼された商品を例にだして説明して行きたいと思います。

 

珊瑚(サンゴ)リング

K18    4.0g

直径  10mm

S      8,000円

 

買取価格    20,000円

珊瑚リングの買取実績に戻る

 

珊瑚リングを買取依頼に出した理由

 

お客様にこちらの商品をどの様にして手に入れ何故買取依頼に出す事になったのかを聞いたところ、お客様も始めはお母様から相続された珊瑚リングの買取依頼に来られたそうです。その時に珊瑚リングについての話を聞き魅了され、自分の気に入った珊瑚リングを購入したいと思い、こちらの商品を購入したそうです。

 

買取依頼に出すきっかけは、単純に付ける機会が減るようになったからだそうです。

購入した時はまだ独身でほぼ毎日のように付けていたそうですが、結婚してからは家事をする際に外すようになり、それが段々と出掛ける時だけになり、更にドレスコーデの時だけになりと、機会が減っていったそうです。

 

ですが、今回買取に出した後はお客様自身がお母様から相続されたように、娘に相続出来るような珊瑚アクセサリーを吟味して購入したいという事も話してくださいました。

 

珊瑚リングは相続で手に入れたりプレゼントで手に入れる事が多いアクセサリーです。

ですが、今回のお客様の様に買取に出す事がきっかけで珊瑚に魅了される方もいるようです。

 

珊瑚リング査定ポイント

 

今回お客様から依頼のあった珊瑚リングの査定ポイントについて説明します。

 

まず珊瑚リングの査定に関わる項目は大きく分けて珊瑚の種類、大きさ、形、状態になります。

 

珊瑚の種類ですが、一般的に珊瑚リングの種類には「血赤珊瑚」「赤珊瑚」「桃色珊瑚」「白珊瑚」に分けられます。「血赤珊瑚」は「赤珊瑚」の様に綺麗な赤色の中に少し黒みの帯びた、名前の如く「血」のような色合いの物を言います。

価値としても「血赤珊瑚」が一番希少価値が高く次に「赤珊瑚」「桃色珊瑚」「白珊瑚」の順に価値が下がって行きます。

今回お客様がお持ちになった珊瑚リングは綺麗な赤色をしてはいましたが、「血赤」とまではいかず「赤珊瑚」としての査定となりました。

 

次に珊瑚の大きさです。珊瑚は真円で10mm以上の物は希少とされており、今回お客様が持ち込まれた珊瑚リングの大きさは10mmだったので、希少な部類の物と判断されました。お客様には13mm以上あれば更に希少で値段は跳ね上がったという話もさせて貰いました。

 

カットはボール型の真円が一番評価が高く、次に楕円形のカボションカット次がドロップカット、あとその他のカットになるにつれ評価額も下がっていきます。

今回の商品は綺麗な真円をしていました。

 

最後に状態ですが、どんなアクセサリーも色がくすんでいたり傷付いていれば査定額が下がってしまいます。

珊瑚リングも全く同じです。

更に、珊瑚リングの場合硬度が低く衝撃や擦れに弱いため傷が付きやすい特徴があります。

日頃からの手入れや保管方法がとても大切になってきます。

今回お客様は自分でも珊瑚の事をお調べになり、手入れ方法も学んだようでとても綺麗な状態を維持していました。

 

これらの事を査定し、相場的な観点からも考えて、20,000円の査定額を出し、お客様にも納得して頂きました。
この記事も合わせて読まれています。

高級な赤珊瑚のかんざしについて書いてみた

「100万以上!高額買取される宝石、血赤珊瑚。破格の4万!購入ならピンク珊瑚のネックレス」

最安価格1万台。買うなら生きた宝石、赤珊瑚の指輪

買取価格100万以上。珊瑚をもっと高額で売る方法

【珊瑚売却検討者必見!】珊瑚の相場価格はこんなだった!

大事な珊瑚ネックレスを高く買取ってもらうために必要なこと

珊瑚リングの保管方法

 

珊瑚リングはとてもナイーブな材質のため、手入れや保管方法により状態が大きく変わってきてしまいます。状態が悪くなると査定額にも響いてしまうので、適切な保管方法ついて説明致します。

 

・衝撃に気をつける

 

珊瑚は硬度が低く、ちょっとした衝撃や摩擦から直ぐに傷がついてしまいます。リングの場合は特に擦れやちょっとぶつかったりなどから傷がつきやすくなってしまいます。そのため日頃から注意する必要があります。

保管の際にも万が一落としてしまわないように、高いところを避けたり、戸締りのできる棚などへの保管をするように心がけましょう。

 

・熱を避ける

 

珊瑚は熱にも弱いという特性ががあります。

その為夏場なら直射日光が当たらないところや、冬場であれば、ヒーター等の熱風が直接当たらないような場所に保管しましょう。

 

・水分に注意

 

毎日リングを使用している場合、トイレに行って手を洗ったり、洗い物があったりなど、人の生活は必ず水周りが付いてきます。

珊瑚には「むし孔」と呼ばれる小さな穴や、肉眼では確認出来ない無数の空洞があります。水分がその中に入ると、成分が溶けてしまったり、変質する原因になります。水分がついたら、柔らかい綺麗な布で乾拭きして、水分を吸収するようにしましょう。

 

・汗や化粧水などにも注意

 

汗や化粧品は、珊瑚の表面を変質させる可能性があります。化粧をする際や汗をかきそうな際にはリングを外したり、誤って汚した場合には拭き取るようにしてください。

 

・保管方法のまとめ

 

重複してしまいますが、珊瑚はナイーブですので取り扱いには十分注意が必要です。希少価値が高い珊瑚でも保存状態次第で値段が変わってしまうからです。

 

珊瑚買取に役立つポイント

 

珊瑚を買取に出す際、どういったお店に持っていけばよいのか最初に悩むと思います。

アクセサリーと買取をしているお店であれば殆どの所で買取してくれますが、きちんとした査定をしてくれるのか…という不安が芽生えてしまうのが人間ではないでしょうか。

そんな時は、珊瑚リングの売買を生業にしている正規店への持ち込みをオススメいたします。

 

少しでもお金になればいい…と思うお客様もいるかとはおもいますが、宝石だけでなく様々なジャンルの物を中古買取するおみせがありますが、そういったお店ですと、相場を調べて更に差し引いた金額で査定する事が多いそうです。

例え手元にある珊瑚リングが貰い物であったとしても、様々な思いの詰まったリングです。きちんとした査定をしてもらい、相応しい値段を付けて貰うことが大事になってくると思います。

珊瑚にノウハウのあるお店を選ぶ事をオススメ致します。

 

まとめ

 

珊瑚リングは若い方向けというよりはどちらかというと年配方向けにニーズが高いです。落ち着いた美しい色というのもその理由の一つでしょう。

 

ただ、珊瑚リングと言っても様々な色がありますので、その珊瑚ごとによってターゲットとなるお客さんは間違いなく変わります。

ですので、ご自宅にある珊瑚一度査定をしてみようという方はぜひラフテルへお問い合わせください。

合わせて珊瑚買取に関する基本情報もご確認ください

 

珊瑚買取の人気記事

赤珊瑚数珠の価格を知りたい方にオススメの記事

価値が急落⁈絶対に行っておくべき珊瑚の手入れとは

【値段が激変⁉︎】珊瑚の模様次第で値段が変わるって知ってた⁇

【所用時間3分】宅配で珊瑚買取をしてもらう方法

珊瑚ってこんなに高いの⁈珊瑚相場まとめ

珊瑚買取に関する特別記事

珊瑚の全てのノウハウ丸わかり

買取・査定のお申し込み
フリーダイアル 0120-558-922

買取・査定のお申し込み

LINE査定 メールで査定・相談する
  • 送料無料!キャンセルも無料!宅配買取
  • 荷物を運ばなくて良い!出張買取
  • 仕事帰りのついでに!店頭買取